2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 青春18きっぷ3日目~新夕張で出発式 | トップページ | 青春18きっぷ3日目~追分経由で岩見沢へ »

青春18きっぷ3日目~夕張夫妻の夕張駅

 9月 6日(土)

 SL夕張応援号に乗車し、夕張駅に降り立つ。
 駅を出たところで、SL夕張応援号が撮影できるポイントがあったので撮影した。

C0809h118
(夕張駅に停車中のSL夕張応援号)

 追分に停車している際にも撮影していたが、よくよく考えてみるとDE15が先頭だった。
 こうしてC11が先頭に立っている編成での撮影は、ここを逃せばこの後の行程では、
撮影できなかったので、早めに気づいて撮影できてラッキーだった。
 そして、今度はDE15が先頭に立ち発車していく、SL夕張応援2号を見送る。

C0809h119
(夕張駅を発車するSL夕張応援号。DE15がけん引)

 当然のことながら、C11は後ろでぶら下がっていく状態。

C0809h120
(C11は後ろにぶら下がり...)


 乗車してきた列車で往復してもよかったのだが、初めて訪れる夕張駅前を
少しは観察したかったので、後続の千歳行普通列車で帰ることにしていた。
 なお、この日はSLの運転に併せ、リゾートホテル前で地元関係の屋台が
出ていたので、この先の行程を考え昼食を取る。めぼしいモノがなかったので、
屋台の天ぷらそばを食べた。駅の立ち食いそばレベルといった感じだった。

C0809h121
(マウントレースイ前の屋台)


 食後、帰りの列車の到着を待つ間、駅前を観察する。
 まず駅舎の撮影から。

C0809h122
(夕張駅駅舎)

 この駅舎は3代目の駅舎とのこと。現在は、リゾートホテル「マウントレースイ」の
目の前に駅があるが、以前はもう少し先にあったそうだ。初代の駅舎から徐々に
追分方に短縮してきている。
 そして、駅舎の前に夕張夫妻の記念撮影用のパネルが置かれていた。

C0809h123
(夕張夫妻のパネル)

 負債と夫妻を掛けた「夕張夫妻」。夕張市は日本一離婚が少ない市らしい。
 「金はないけど愛はある」と言う座右の銘を持ったキャラクターとのこと。
 

 そんなことをしているうちに帰りの列車の時間が近づいたので、ホームで列車の
到着を待つことに。やって来たのはキハ40の2両編成ワンマン列車。

C0809h124
(夕張駅に到着するキハ40)

 上の写真のキハ40-1787は、北海道入りした日に沼ノ端で撮影した車両。
 追分付近をカバーしている運用なのだろう。

 ここから一旦追分まで戻り、再び北を目指すことになる。
 それにしても前日の日高本線といい、キハ40がまだまだ幅をきかせているようだ。
 ロングシートオンリーの車両や、最近の窓が開かない車両と比べれば、充分汽車旅を
堪能できる車両なのかなと思う。
 そんなことを感じながら、夕張を後にした。

 そして、次回訪れる機会があれば駅前だけでなく、街の方にも訪れてみたいと思った。
 

« 青春18きっぷ3日目~新夕張で出発式 | トップページ | 青春18きっぷ3日目~追分経由で岩見沢へ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR北」カテゴリの記事

鉄:北海道」カテゴリの記事

青春18」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/42412456

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷ3日目~夕張夫妻の夕張駅:

« 青春18きっぷ3日目~新夕張で出発式 | トップページ | 青春18きっぷ3日目~追分経由で岩見沢へ »