2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 青春18きっぷ2日目~様似へ | トップページ | 青春18きっぷ2日目~襟裳岬 »

青春18きっぷ2日目~バスでさらに...

 9月 5日(金)

 苫小牧から3時間。当初はそのまま様似から苫小牧に折り返す予定でいたのだが、
せっかくここまで来たので、襟裳岬まで足を伸ばすことに。

C0809h061
(様似駅駅舎)

 時刻表であらかじめバスの時間は確認していたが、運賃までは確認していなかった。
聞けば、片道1300円掛かる区間だが、事前に往復乗車券を買っておけば、往復割引が
適用され1800円とのこと。
 早速、様似駅の駅舎内にあるバスの切符売り場で往復乗車券を購入する。

 そして、やって来た岬小学校行は乗り合いタイプの路線バスだった。

C0809h062
(岬小学校行。様似駅前にて)


 様似駅を発車すると、すぐ海岸沿いの国道へ。
 しばらく行くとバスは一旦、海岸沿いから山沿いに進み、アポイ山荘を経由。
 往復とも乗降客は居なかった。

 再び元の国道に戻り、バスは海岸沿いを走る。
 ここでも昆布を干しているところが見られた。

C0809h063
(海岸で昆布干し)

 途中のえりも駅までは地元客がそれなりにいたのだが、ここから先は列車で
様似に来た人がほとんどになった。申し合わせたわけではないが、襟裳岬に
列車で行くとなると、このパターンしかないようだ。


 なお、襟裳岬というと、森進一の歌を思い出すが、歌詞ははっきり覚えていない。
 そして、プロジェクトXでも取り上げられていたような。
 風が強く暮らすのも大変だというような内容だったように記憶している。
 そんなことを考えているうちに襟裳岬に到着。

C0809h064
(襟裳岬に到着したバス)

 苫小牧から4時間。本当に長かった...
 

« 青春18きっぷ2日目~様似へ | トップページ | 青春18きっぷ2日目~襟裳岬 »

バス:路線バス」カテゴリの記事

青春18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/42390889

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷ2日目~バスでさらに...:

« 青春18きっぷ2日目~様似へ | トップページ | 青春18きっぷ2日目~襟裳岬 »