2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 青春18きっぷ3日目~SL夕張応援号 | トップページ | 青春18きっぷ3日目~夕張夫妻の夕張駅 »

青春18きっぷ3日目~新夕張で出発式

 9月 6日(日)

 追分から乗車したSL夕張応援1号。
 次の停車駅である新夕張では、けん引機交替に伴う入換作業のため46分停車する。
 新夕張に到着し、ここまで先頭に立っていたDE15が早速切り離される。

C0809h110
(切り離されたDE15)

 この新夕張駅。石勝線が開通する以前は紅葉山駅を名乗っていたそうだ。

 なお、運転初日であったこの日は長い停車時間を用いて、新夕張駅長や夕張市長などが
出席した出発式がホーム上で行われた。まず、藤倉夕張市長の挨拶から。

C0809h111
(挨拶する夕張市長)

C0809h112
(テープカット)

 出発式が終わると、DE15の入換が始まる。
 どうやら出発式の際に到着した列車を待っていたようだった。

C0809h113
(追分方に引き上げる途中)

 一旦夕張方に引き上げてから、上の写真のように2番線を通過して追分方へ。
 そして、夕張駅で機関車の付け替えが出来ないため、帰りの列車のために今まで
けん引してきた列車の最後尾に連結する。
 ということで、ここからは列車名の通りSL(C11)がけん引し、夕張を目指すことに。

C0809h114
(ここから先頭に立つC11)


 新夕張での長い停車時間は、出発式に入換と発車まで案外早かった。
 新夕張を発車すると、新得方面に向かう本線側の線路と別れていく。

C0809h115
(新得方面の線路)


 ここからは、追分~新夕張間とは異なり、本当のローカル線って言う感じだった。
 一日の列車の運転本数を考えれば仕方がないのかもしれないが...

 車内は先述したとおり、既に指定席券が完売していて、新夕張の出発式に参加した
来賓達もこの列車に乗車していたため、ほぼ全ての席が埋まっている状態だった。
 また、案内役の女性が放送をしたり、記念撮影用のプレートを持って回ったりしていた。

C0809h116
(案内役の女性と記念撮影用のプレートを...)


 途中、清水沢駅で小休止する。
 客扱いの停車では無いのでドアは開かなかったが、あまり長い時間ではなかった。
 昔は三菱石炭鉱業大夕張鉄道線の接続駅であり、構内も広かったようだが、
現在は1面1線の棒線駅。当然のことながら列車の行き違いというわけでもない。

 小休止を終え、夕張へ。

C0809h117
(夕張駅に到着したSL夕張応援号)

 新夕張からはそんなに距離がないため、あっという間の到着だった。
 この夕張駅。移転した影響でかホームが短いため、一番後ろの車両はホームに
掛かりきらない可能性があり、ドアは開かない措置がとられていた。
 確かに、一番後ろの車両の追分寄りドアは、ホームにギリギリ掛かっている状態だった。
 

« 青春18きっぷ3日目~SL夕張応援号 | トップページ | 青春18きっぷ3日目~夕張夫妻の夕張駅 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR北」カテゴリの記事

鉄:北海道」カテゴリの記事

青春18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/42530340

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷ3日目~新夕張で出発式:

« 青春18きっぷ3日目~SL夕張応援号 | トップページ | 青春18きっぷ3日目~夕張夫妻の夕張駅 »