2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 6日の行動記録 マレー鉄道 シンガポール駅へ(1) | トップページ | 6日の行動記録 帰り道 »

6日の行動記録 マレー鉄道 シンガポール駅へ(2)

 7月 6日(日)

 何とか到着したマレー鉄道のシンガポール駅。
 中に入ってみると、まず高い天井に描かれた壁画が目に入る。

C0807c049
(駅舎内の壁画)

 中には切符売り場があったが、あまり規模は多くなかった。
 窓口の数が2~3程度。当然ながら、自動券売機なんてものも存在しなかった。
 そのことからも、MRTのように気軽に利用されているものではないのだなと実感する。
 なお、切符売り場側の壁面にも大きく絵が描かれていた。

C0807c051
(切符売り場)

 さっそくホームへ。2面あるホームのうち、使用されている1面については、入れないよう
になっていたが、もう1面は使用されていないようだが食堂があり、そのまま立ち入ることが
可能だったため、ここから駅内を観察してみることに。

 まず目に付いたのが、頑丈そうな車止めと線路点検用の自転車。

C0807c052
(車止めと線路点検用自転車)

 車止めは過走防止タイプのもの。結構頑丈なものが取り付けられていたところを見ると、
過去に使用したことがあったのだろうか?周囲には複数の鉢植えが。日本と一緒だ...

C0807c053
(設置されていた車止め)

 そして線路点検用の自転車。日本でも見かけるタイプ。
 最近は体験乗車と称して、イベント等でも見かける機会が増えたタイプ。
 これはエンジンが取り付けられているタイプ。足こぎ用のペダルが無いため、
こいで移動することは不可能なようだ。
 それにしても、このようなものをシンガポールまで来て、見ることが出来るとは...

C0807c054
(線路点検用の自転車)


 なお、この駅を次に出る列車が何時なのかがわからない。
 しかも日曜日。通勤列車がないという話は事前に聞いていたが、掲示してある
時刻表に、「休日運休」とか「休日ダイヤ」とおぼしき表記が全くわからなかった。
 それでも何か来るだろうと、しばし待っていると長い編成の客車が到着。

C0807c055
(駅舎側から撮影した客車の最後部)

 しかし頭端式ホームに推進で進入してきたため、動力車の姿は遙か遠く。
 これを見に行こうと考え、ホーム脇の道路をひたすら歩いて反対側へ。

C0807c056
(客車の最前部)

 残念ながら、入線時の動力車は見当たらなかった。
 仕方がないなぁと諦め、駅舎に戻ろうとしたところで、停車していた客車の
さらに奥の線路からいいスピードで、短い編成の列車が発車していく。
カメラを準備していなかったが、かなり辺りは暗くなっていたので、
撮影は難しい状態だった。

 再び駅舎へ。
 空が夕暮れから夜になったので、そんなところを撮影し、宿に戻ることにした。

C0807c057
 

« 6日の行動記録 マレー鉄道 シンガポール駅へ(1) | トップページ | 6日の行動記録 帰り道 »

海外」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/41987796

この記事へのトラックバック一覧です: 6日の行動記録 マレー鉄道 シンガポール駅へ(2):

« 6日の行動記録 マレー鉄道 シンガポール駅へ(1) | トップページ | 6日の行動記録 帰り道 »