2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 6日の行動記録 水を吐かないマーライオンなど | トップページ | 6日の行動記録 マレー鉄道 シンガポール駅へ(2) »

6日の行動記録 マレー鉄道 シンガポール駅へ(1)

 7月 6日(日)

 夜になり個人行動が可能となったので、鉄分補給を目的に出掛けることに。
 この晩、目指したのはマレー鉄道のシンガポール駅。
 ガイドブックの地図を片手に向かうことに。

 MRTに乗車するため、シティーホール駅に向かっていると、工事中の駅に出くわす。
 後で調べて判ったのだが、シンガポールのMRTに新たに環状線という路線を建設中で、
この出くわした駅は「エスプラネード」駅という名前で開業するようだ。

C0807c045
(工事中のエスプラネード駅入口)

 ただし、Wikipediaにある路線図によれば、開業後しばらくの間は、路線名と異なり
環状しない(出来ない?)運転形態になるようだ。

 シティーホール駅からMRTに乗車し南に2駅。タンジョン・パガー駅で下車。
 ここからひたすら歩くことに。バスが走っていたので乗車しても良かったのだが、
悲しいかな言葉が堪能ではない。しかもこの地のバスは、次の停留所名の
アナウンスがないと聞いていたので、バスに乗るのは諦め徒歩で向かった。

 途中、貨物港の入り口があったので撮影。
 コンテナ車の入出場がかなり短時間に出来るそうで、出入り口のゲート上の時計には
時分だけでなく秒まで表示されていた。

C0807c046
(貨物港のゲート)

C0807c047
(通りから。高く積まれたコンテナ群)


 ここから少し歩いたところで、この晩の目的地であるマレー鉄道 シンガポール駅に到着する。
 それにしてもこの駅。マレー鉄道の唯一の駅の割には、ずいぶんと寂れたところにあるなぁと。
 駅の南側は高速を挟んで貨物港、北側はアパート群が。街の中心部からは遠く感じたし、
乗り継ぐためのMRTの駅も15分近く歩いてきたところだし...
 そんなことを感じつつ、駅舎を撮影する。

C0807c048
(マレー鉄道 シンガポール駅駅舎)

 ちなみに、この駅自体は、マレーシアの持ち物とのこと。
 シンガポール独立前の名残が、未だに残っていると言うことなのだろうか?
 

« 6日の行動記録 水を吐かないマーライオンなど | トップページ | 6日の行動記録 マレー鉄道 シンガポール駅へ(2) »

海外」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/41976702

この記事へのトラックバック一覧です: 6日の行動記録 マレー鉄道 シンガポール駅へ(1):

« 6日の行動記録 水を吐かないマーライオンなど | トップページ | 6日の行動記録 マレー鉄道 シンガポール駅へ(2) »