2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« GM:キハ23(1) | トップページ | 1日の撮影記録~ウィークエンドあかぎをリベンジ »

土合駅へ~下り線が仮設ホームに

 2008年 6月 1日

 話が前後するが、 1日の話。

 沼田~後閑間でE655系を撮影した後、先輩Kさんの車で土合駅へ。
 先月18日に土合駅を訪れた話から、あまり間を開けずに同駅を訪れることとなった。

C0806j005
(土合駅駅舎)
 
 そして、駅の入り口に?な貼り紙が。

C0806j006
(駅に貼られていた貼り紙)

 そういえば5月18日に訪れた時に、何か工事が行われるのかと思っていたら、
こういうことだったのかと。
 それにしても、「下りホームの新設工事」とは?
 確か、下りホームはトンネルいっぱいの長さじゃ?
 ということで、どんな新設工事が行われているのか観察すべく、486段の階段下に
ある下りホームを目指す。
 階段を下りていくのは楽だったが、やはり400段を超える階段を下りるのは...

 なお、先日は階段途中まで設置されていた作業用モノレールも、下りホーム近く
まで敷設されていた。

C0806j007
(敷設されていた作業用モノレール)

 で、ホームに出てみると...
 以前、列車が発着していた線のレールが無い。
 行われている工事はこのことだったのかと...

C0806j008
(下りホーム宮内方)

 よく見ると、高崎方に仮設ホームが設置されていた。

C0806j009
(下り線の仮設ホーム)

 今まで、通過線とホーム側の線の2本が敷設されていたため、比較的広く感じて
いたトンネルも、仮設ホームの上に立つとなんとも狭く感じた。

C0806j010
(仮設ホーム。高崎方から宮内方を臨む)

C0806j011
(仮設ホーム高崎方からさらに高崎方)

 しかも、この仮設ホーム。若干短いようで、おそらく4両までしか止まれないようだ。
 というのも、車掌が確認する停止位置のシールも「4」までしかなかった。

 今後、この仮設ホームがどのようになっていくのか、推移を見守りたいと思っているが、
問題は486段の階段だ。
 先日は、上り列車~下り列車の乗り継ぎで回避できたが、この日は車で訪れたため、
階段の上りが待っている。

C0806j012
(ホームのあるところから出口方面を見る)

 約7分で上がりきったが、かなりきつかった。
 この日は荷物が重かったせいもあったが、身軽でもいい運動になりそうだ。

C0806j013
(上がりきったところに...)

 上の写真の通り、上がりきったところには「ようこそ 土合駅へ」の文字が。
 先日、携帯電話のアンテナを撮影した場所だ。
 「ようこそ」と言うよりは「お疲れさま」って感じだった。
 もっとも、谷川岳に登る人にとっては、まだまだこれから。

 この後、先輩Kさんの車で上毛高原駅へ。
 帰りは新幹線で南に向かった。
 

※加筆修正
→09/10/20 読み直した際に日付表記、文章構成を一部見直し。
 

« GM:キハ23(1) | トップページ | 1日の撮影記録~ウィークエンドあかぎをリベンジ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄:関東」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

駅:土合&土樽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/41408793

この記事へのトラックバック一覧です: 土合駅へ~下り線が仮設ホームに:

« GM:キハ23(1) | トップページ | 1日の撮影記録~ウィークエンドあかぎをリベンジ »