2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 青春18きっぷ4日目 | トップページ | 高松駅 ~アンパンマン王国?~ »

四国へ。しかも船で...

 3月22日(土)

 茶屋町から乗車した列車で宇野駅に到着。1面2線のコンパクトにまとめられた駅だった。
 瀬戸大橋開通後は、メインルートから外れてしまったり、若干移転した分、そう感じるのだろうか?
 まず、駅舎の撮影から。

C0803r227
(宇野駅駅舎)

 本当ならば瀬戸大橋線を一往復して、四国初上陸を目指すつもりだったのだが。
 前日、会社の先輩と携帯メールのやりとりをしていると、
 「瀬戸内海は、橋で渡るのもいいけど、船に乗って四国に上陸をしなければ...」と。
 そこで考えが変わり、せっかくなのだからとフェリーの時間を調べると、宇野~高松間約1時間。
 後の行程を考えても、どうにかなりそうだなと判断し、予定より早い電車で茶屋町経由で宇野に向かっていた。

 ということで、駅舎を撮影した後、駅前にあるフェリー乗り場へ向かう。
 今回乗船したのは四国フェリー。駅から近い乗り場だったということが理由で選んだ。

C0803r228
(宇野港フェリー乗り場)

 フェリー乗り場の壁に「人だけでも乗船OK」と書かれていたのが印象的だった。
 フェリー乗り場に到着すると、高松行の船は出港直前。乗船券を購入し飛び乗る。
 ちなみに船賃は390円。随分安いんだなと感じる。
 約1時間、客室でのんびり過ごしてもよかったが、この日は晴天。
 しかも、風はあまり無いので屋上へ。なんだかとても心地よい。

 宇野港を出てすぐ、造船所が数箇所あったが、そのうちの一つに小笠原諸島への高速船
スーパーライナーおがさわら(テクノスーパーライナー)」が係留されていた。
 この船は、金を掛けて作ったものの、実用に至らなかったと以前、ニュースで取り上げていたのを記憶している。

C0803r229
(係留されていたスーパーライナーおがさわら)

 少しすると、瀬戸内海へ。
 穏やかな天候ゆえ波も穏やかだった。
 列車で海を渡れば、確かに速かったかももしれないが、少しは変化がなければ楽しくない。
 そう思えば、こんな船旅を行程に挟んでみるのも悪くないなと感じた。
 また、かなり遠かったが、瀬戸大橋も見ることが出来た。

C0803r230
(遙か彼方に瀬戸大橋)

 途中、宇野行フェリー(第八十一宇高丸)とすれ違う。

C0803r231
(宇野行フェリー)

 それ以外にも、漁船や工業用とおぼしき船などとすれ違う。
 橋(瀬戸大橋)があっても、まだまだ船の活躍する場はあるのだなと。

 そして、1時間ほどで高松港へ。
 鉄道で上陸するのとは違い、なんだか異国に旅してきたような気分になる。
 おそらく、中国や台湾などに船で旅をすればこんな感じなのかなと思った。

C0803r232
(船上から高松駅方向)

 車を下ろす関係もあり、港内で転回する。
 後部に乗った船員が手際よく誘導し、徐々に岸壁に近づいていく。

C0803r233
(後部の船員が誘導していく)

 到着まで屋上にいたため、車が下船し始めてから下船する。
 乗船・下船ともに、自動車の積み込み口からだった。

 それにしても、あっという間の船旅だった。
 天気がよく、景色もよかったので、
 ここから徒歩で高松駅に向かう。
 

※加筆修正
→08/05/04 記事形式変更に伴い、文章構成等を一部見直し。
 

« 青春18きっぷ4日目 | トップページ | 高松駅 ~アンパンマン王国?~ »

船旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/40754367

この記事へのトラックバック一覧です: 四国へ。しかも船で...:

« 青春18きっぷ4日目 | トップページ | 高松駅 ~アンパンマン王国?~ »