2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 波根駅で下車 | トップページ | 木次線へ »

青春18きっぷ3日目

 3月21日(金)

 この日は松江からスタート。
 少し早めに松江駅に向かい、ゲゲゲの鬼太郎のラッピング車や「やくも」8号などを撮影する。

C0803r176
(122D・米子行、鬼太郎のラッピング車。)

C0803r175
(やくも8号。松江駅)

 この日の目的地は木次線。
 松江から、宍道行普通列車(127D)に乗車し宍道に向かう。
 なお、この列車は、木次線出雲横田からやって来た松江止まりの列車(124D)の折返し。
 編成はキハ120系木次運転部の3両編成。通常、木次線内ならば1~2両編成成で運転するところを、
この列車は通勤・通学時間帯ということで、3両編成で運転していた。そのため車掌も乗務していた。

C0803r177
(車掌が乗務する127D。乃木駅にて)

 なお、松江を発車すると宍道までの間、下り列車では進行右側に宍道湖を臨むことができる。
 前日、波根から松江に向かう列車では、陽も暮れて景色を眺めることができなかった。
 この列車は空いていたため、ノビノビと眺めることができた。

C0803r178
(宍道湖。乃木~玉造温泉間、車内から)

 宍道に到着。
 ここから、この列車がどうなるのだろうと観察を開始する。
 時刻表で眺めている限りでは、この列車がこの後どういう風に運用するのかいまいち読めなかった。
 しかも、前の日に宍道駅を通ったときは、暗くて構内は判らなかった。
 で、当日到着してみれば、側線も無いし、木次線への線路は3番線のみ。
 時刻表を見れば、宍道始発の折返し列車は見当たらない。さて、どこに行くのだろう?

 実際は、宍道駅3番線(木次線ホーム)に到着すると、すぐさま松江方の引き上げ線に向かい待機。
 その後、出雲横田から1446Dが到着する。この列車は1両編成。当然折返しの木次行に充当される。
 しかも、この日は出雲横田への延長が掛かっていたため、行き先表示は最初から「出雲横田」に。
 すると、松江方に引き上げていた3両が徐々にホームに近づいてきて併結。しかし営業運転はしない。
 あくまでも回送扱いということで、1445Dに併結されて木次に戻るという運用だった。

C0803r179
(併結作業中。宍道駅)

 回送扱いということで、併結したものの客扱いしないので、貫通幌などは接続しない。
 あくまでも、宍道~木次間を回送するために連結しただけという形に。
 ということで、本日の目的地は木次線。先は長い...
 

« 波根駅で下車 | トップページ | 木次線へ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:山陽山陰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/40658670

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷ3日目:

« 波根駅で下車 | トップページ | 木次線へ »