2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 小田急を撮影(1) | トップページ | 久しぶりに201系 »

小田急を撮影(2)

 3月 9日(日)

 下北沢から千歳船橋へ。
 下りホームの新宿方で撮影する。

 急行・箱根湯本行を撮影するためにやってきたのだが、その間にもロマンスカーやら営団車も。

C0803r091
(快速急行・藤沢行)

 JRの湘南新宿ラインに対抗した快速急行。
 複々線化工事が完了したことで、線路容量が一部区間ながら2倍になったからこそ設定できたのだろう。

C0803r092
(急行・小田原行)

 3000形急行小田原行。
 LED車だったが、撮影しても認識しやすかった。
 複々線ゆえ併走シーンも楽しめる。というより、かぶらなくて良かった(笑)

 そして、お目当ての急行・箱根湯本行

C0803r093
(急行・箱根湯本行)

 5000形。当然ながら非LED車。
 これで見納めとなると思うと、なんとなくさみしい気もするが。
 いつの日か復帰してくれることを願いたい...

 で、この後も1時間ほど撮影を続けた。

 まず、LSE・7000形。上り線を行く「さがみ」。
 昨年の夏、町田に出掛けた帰りに町田~新宿間で偶然乗車している。
 この編成は小田急電鉄開業80周年記念事業の一環として、登場時のカラーに塗り帰られていた。
 とても懐かしいカラーだったが、走行写真は初めて。これは予定外だった。
 しかも上下線の線路間に柵があり、撮影しづらかったが連写で柵を除けることができた。

C0803r094
(上りLSE・7000形)

 続いて、HiSE・10000形。

C0803r095
(HiSE・10000形。千歳船橋駅)

 登場して、既に20年ぐらい経つ。
 この車両が登場した頃、鉄道友の会のブルーリボン賞受賞記念列車に乗車した記憶が。
 10000形は既に一部の編成が長野電鉄に譲渡されて活躍している。しかも、ここに来て
地下鉄直通のMSEが登場したことにより、前述の7000形や10000形が活躍できる時間も
そう長くはないのかもしれない。

 そして、30分間隔でやってくる、急行・箱根湯本行。
 先頭は3000形で表示が崩れてしまっていたが、後寄りは5000形。しっかり撮影する。

C0803r096
(急行・箱根湯本行、後追い)

 最後に、新宿で折り返してきたLSE。

C0803r097
(下りLSE・7000形)

 上りで通過して行った時間から考えれば、遅くとも1時間あれば帰ってくるだろうと待ってみた。
 上り線と違い、柵もなく光線具合も良く、満足行く結果になった。

 ここまで撮影して、千歳船橋を後にした。
 

« 小田急を撮影(1) | トップページ | 久しぶりに201系 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:小田急」カテゴリの記事

鉄:関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/40527865

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急を撮影(2):

« 小田急を撮影(1) | トップページ | 久しぶりに201系 »