2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 須磨海浜公園駅へ | トップページ | 相生から西川原へ »

はりま勝原経由で相生へ

 3月19日(水)

 西明石駅から新快速に乗り継ぎ、姫路駅で再度網干行きに乗り継ぐ。
 次の目的地は、はりま勝原駅。この駅も今回のダイヤ改正で開業した駅。

 降車したまでは良かったのだが、須磨海浜公園駅と同じく土砂降り。
 さすがに今度は駅舎の撮影を諦め、次の列車までホーム上で列車の撮影をして待つことに。

C0803r121
(播州赤穂行。はりま勝原駅)

 やって来た播州赤穂行で相生へ向かう。
 相生で上郡行の接続があったが、これに乗車しても上郡で相生始発の岡山行を待つことになる。
 そのため、岡山行まで30分ほど待つことに。

 列車の乗り換えの合間に、相生駅で昼食の調達をすることに。
 確か、相生駅では「しゃこめし」って名物駅弁があったなと思い出し、売店を探してみたが...
 売店は閉まっていた。というか、店じまいしていた。ということで、昼飯の駅弁の調達に失敗。
 とりあえず、後続の岡山行が間もなくやってくるので、再びホームに下りて待つことに。

C0803r122
(閉まっていた売店。相生駅)

 列車がやってくるまでの間、下りは貨物列車が、上りは「スーパーはくと」が通過していく。
 こうやって通過していく列車があるものの、相生始発の岡山方面行の普通列車は上り本線(3番線)で
折返し運転するものが多いようだ。このホームで折り返すことにより、赤穂線直通電車と同一ホームでの
接続ができるようになり、階段上り下りが不要になる仕組みだ。

C0803r123
(乗車した岡山行。相生駅)

 しかしながら、赤穂線側が単線のため上り電車が遅れることで思いもよらないところに波及する。
 まず、タッチの差で到着する、赤穂線へ直通運転する下り電車が、駅手前で停車。
 この列車が到着することで、ようやく岡山行が発車。当然ながら接続を取った分遅れる。
 ということで、3番線に次に入線する上り列車も当然のことながら、駅手前で停車することに。
 実際に、貨物列車が駅の手前で停車していた。
 
 うまくいっている限りは、いい接続方式なのだろうけど、専用ホームではなかったり、
上下両方向に僅差の進入出が続くため、一旦狂ってしまうと、他の列車への波及も否めない。
 便利なんだけどなぁ。なんて思いつつ混み合った電車で、さらに西を目指す。
 

« 須磨海浜公園駅へ | トップページ | 相生から西川原へ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:関西」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/40579857

この記事へのトラックバック一覧です: はりま勝原経由で相生へ:

« 須磨海浜公園駅へ | トップページ | 相生から西川原へ »