2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 石見川本で小休止 | トップページ | 山陰本線を東に »

石見川本から江津へ

 3月20日(木)

 石見川本での小休止を終え、江津からの列車の到着を待つ。
 ちなみにこの区間、距離にすれば32Kmなのだが、途中に交換設備を持った駅が無い。
 よって、一日に数本しか列車が無いが到着を待つしかない。

C0803r154
(浜田発浜原行445D。石見川本駅)

 浜原行が到着すると、信号が変わり発車する。
 再び、江の川沿いをゆっくりと進んでいく。そして、速度制限区間の連続。
 災害対策を行ったときに、軌道の整備を行えば良かったのでは?と感じる。
 一部区間だけでも構わないので、30キロの速度制限を解消すれば違うように感じた。
 いくら儲からない線区とはいえ、手を加えなすぎるのも考え物である。

 なお、江津まで向かう途中、堤防の間をすり抜けていく箇所に、
防潮扉のようなものが取り付けられていた。
 川の水位が高くなった時には、この扉が閉ざされるのだろうか?

C0803r155
(防潮扉のようなもの。川平~川戸間、車窓から)

 なおも、速度規制が続く。運転士の加減速もかなり小刻みに行われている。
 車窓から江の川をのんびり眺められるのは、確かにありがたいのだが...

 千金を発車すると、次第に三江線に沿っている江の川の流れる先が開けてくる。
 いよいよ河口が近いのだろう。

C0803r156
(江の川。千金~江津本町間、車窓から)

 さらに、江津本町を発車すると、江の川の河口が間近に。
 そして程なく、終点江津に到着。
 太平洋側の広島から江津まで小休止があったりして8時間。乗車距離は176.9Km。
 時間は掛かったが、距離で考えれば大したことはない。
 しかし、三江線を踏破したという充実感はとても大きかった。

C0803r157
(江の川。江津本町~江津間、車窓から) 

 ここから進路は東。
 ただし、先はまだまだ長い...orz
 

« 石見川本で小休止 | トップページ | 山陰本線を東に »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:山陽山陰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/40685142

この記事へのトラックバック一覧です: 石見川本から江津へ:

« 石見川本で小休止 | トップページ | 山陰本線を東に »