2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 瀬戸内マリンビュー4号 | トップページ | 三江線を北上 »

景品につられて。青春18きっぷ、2日目。

 3月20日(木)

 朝5時に起床。
 前日、宿でもらったマクドのクーポン券。裏には、3月20日リニューアルと。
 そう、この日のことである。しかも、先着で記念品をくれるとの記載が。
 しかも、店は広島駅の新幹線口と最寄りの出口。当然行くしかない。ということで、6時過ぎに宿を出る。
 前日とは異なり、雨は上がっていたが曇り空だった。

 で、そのマクドは5時半のオープンだったが、何とか記念品をもらうことができた。
 記念品はマグカップ。景品につられて、ここで朝飯を。

C0803r141
(記念品のマグカップ)

 食後、2日目の旅がスタート。
 この日は、広島から芸備線を北上することに。
 まず、改札に入り到着する列車の撮影。
 103系瀬戸内色。あと何年活躍できるのだろう?と感じたのだが。
 おそらく、もうしばらく使い続けるのだろう...

C0803r142
(103系・瀬戸内色。広島駅にて)

 103系などの電車を撮影していると、芸備線ホームに6両編成の列車が到着する。
 1851D。三次からの長い編成だ。折返し三次行・1850Dになるということで、これも撮影する。

C0803r143
(1850D・三次行。広島駅)

 本来であれば、この後の三次行に乗車する予定だったが、せっかくなのでこの列車に乗車する。
 ただ、6両編成とはいうものの、三次まで行くのは前2両のみ。後ろ4両は下深川止まりだった。
 また、編成内容は先頭から、キハ47×2+キハ48+キハ47×3という2両×3組。

 広島を発車すると、次の矢賀付近までJR貨物関係の側線や新幹線などの留置線がこれでもかと並走する。
 20分ほど走り、下深川に到着。到着と同時に分割作業が始まる。手際よくホース類を外していく。
 切り離された後ろ4両は、6829Dとして広島に帰っていく。効率よく運用している。
 ここからは短い2両編成で三次に向かう。

C0803r144
(分割作業中。下深川駅)

 下深川では分割作業のため、15分以上停車した。
 発車後、狩留家、吉田口で広島行の待ち合わせを行った。

C0803r145
(分割後の1850D。狩留家駅)

 ところで、井原市駅付近までは、瀬戸内海に流れ込む太田川水系の三篠川が芸備線に沿って流れていた。
 しかし、吉田口を出たところで流れている川の向きが変わり、江の川に変わっていることに気がつく。
 知らない間に分水嶺を越えていたことに。確かに流れる向きが列車の進む向きに変わっていた。
 山の中を走ったり、峠越えしたような様子はなかったのだが...
 この日はこの後、三江線で江津まで向かうため、この江の川に沿って日本海まで進むことになる。
 そんな分水嶺に気づいたりしているうちに三次に到着。下深川での分割作業も含め約2時間。
 ここで1時間ほど待ち、この日の目的である三江線に乗り継ぐ。

C0803r146
(三次駅駅舎)
 

« 瀬戸内マリンビュー4号 | トップページ | 三江線を北上 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:山陽山陰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/40629271

この記事へのトラックバック一覧です: 景品につられて。青春18きっぷ、2日目。:

« 瀬戸内マリンビュー4号 | トップページ | 三江線を北上 »