2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« さよならゆとり両毛号(2) | トップページ | 岩本へ:183系回送列車を撮影 »

KATO:103系(3色)

 手つかずの103系がまた出てきたため、整備してやることに。
 いずれも、側面方向幕への色差しとカプラーの交換のみ。

 それにしても今回は、色が揃わないため、どう料理してやろうか頭を悩ませることに。
 整備した車両は6両。で、その内訳は...
 オレンジはクハが2両。ただしATC付きとATC無しが1両ずつ。
 スカイブルーはモハのユニットで2両。カナリアもクハが2両。いずれもATC車。 

C0803n001
(103系オレンジ。手前は非ATC車)

C0803n002
(103系スカイブルー。モハのユニット)

C0803n003
(103系カナリア。いずれもATC車)

 こうなったら、昔存在した混色編成の再現でもしてみようかとも考えたのだが。
 問題は、なぜかクハの方が多い状態。先頭車ばかりあっても、中間車が無ければ...


 なんてやっているうちに、今度はエメグリの103系4両セットが。

C0803n004
(103系エメグリ4両セット)

 流石に103系づくしに飽きたので、これは次の機会に手を入れることに。
 常磐線を再現させるとすれば、サハが必要となるのだが、手つかずで残っているサハはオレンジが2両。
 常磐線ならば必要となるサハも、オレンジのサハの使い道は中央快速の10連か青梅線の6連ぐらい...
 ボディーの差し替えで対応するのが手っ取り早いのかなと。

 いずれにしても、この103系。ほとんど単品の積み重ねで増備していった関係で、
当分の間、頭を悩ませる存在になりそうな気がしてきた。
 

※加筆修正
→08/05/04 記事形式変更に伴い、文章構成等を一部見直し。
 

« さよならゆとり両毛号(2) | トップページ | 岩本へ:183系回送列車を撮影 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/40349071

この記事へのトラックバック一覧です: KATO:103系(3色):

« さよならゆとり両毛号(2) | トップページ | 岩本へ:183系回送列車を撮影 »