2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 根知へ | トップページ | 北陸本線を撮影(青海~糸魚川間) »

キハ52-125を撮影

 3月 4日(火)

 根知での撮影を終え、上り列車の撮影をすべく、国道を南下する。
 どこで撮影するか迷ったが、今回は北小谷~中土間にある姫川第3ダム付近で撮影することに。
 到着したのはギリギリだったが、何とか間に合った。

C0803r038
(橋りょうを渡る上り列車。北小谷~中土間にて)

 この撮影ポイントは、国道から逸れたところだったが、道は除雪されていた。
 また、RailMagazineのお立ち台通信でも取り上げられていた。
 取り上げられていたのは雪がない季節の写真だったが、雪景色もいいなと。
 しかも、根知で撮影してから、このポイントあたりまでは、天気予報に裏切られ晴天。
 それゆえ、気持ちよく撮影できた。

 このまま追跡しても、南小谷駅までたどり着いてしまうので、再び北上することに。
 新潟県内に入り、小滝駅付近で撮影することに。
 ただし、列車が通過するまでに時間があったので、小滝駅を訪れてみた。
 列車の本数やワンマン列車の運転からも判るように、無人駅であった。

C0803r039
(小滝駅駅舎)

 ホームに行ってみると、スプリンクラーが設置されているため、線路部分の除雪は完璧だった。
 ただ、今は使われず線路が剥がされた側線部のスプリンクラーも稼働していたのが不思議だった。
 使えるうちは使おうと言うことなのだろうか?もっとも、撤去するにも先立つものは必要だからなぁ...

C0803r040
(スプリンクラーが稼働していた側線側)

 しばし、駅内を観察した後、撮影ポイントへ移動。
 この頃から雪が降り始める。
 国道から撮影ポイントまでは除雪されていない。
 それでもここで撮影した人がいたのだろう。踏み固められた部分を慎重に歩いて向かう。

C0803r041
(姫川を渡る425D。小滝~根知間)

 なんとか撮影することはできたが、天候が悪くなった分画像も暗くなってしまった。
 そして、大糸線の撮影はここまで。一旦、糸魚川へ向かうことに。
 

« 根知へ | トップページ | 北陸本線を撮影(青海~糸魚川間) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/40431055

この記事へのトラックバック一覧です: キハ52-125を撮影:

« 根知へ | トップページ | 北陸本線を撮影(青海~糸魚川間) »