2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 仙山線へ | トップページ | 再び仙山線へ »

工場見学:ニッカ宮城峡蒸留所

 2月7日(木)

 職場の旅行の目的地として訪れる。
 工場見学といえば以前、銚子の醤油工場に行って以来、ご無沙汰だった。

 作並駅前からタクシーでニッカウヰスキーの仙台工場(宮城峡蒸留所)へ。
 山に囲まれた静かな工場だった。工場とはいえ蒸留所だから、騒音など皆無だった。
 しかも、見学前の説明で、広瀬川と新川川に囲まれているとのこと。
 とても仙台駅から電車で30分程度とは思えないような場所だった。

C0802a025
(蒸留所内に設置されていた看板)

 見学は30分弱。
 前回(醤油工場)と同様に、設備が一箇所に集約されていないので、徒歩で巡っていく。
 ただ、雪が舞い始めたため寒かった。

C0802a026
(キルン塔。麦芽を乾燥させる設備)

 キルン塔や仕込み棟、蒸留棟の見学をした後、貯蔵庫へ。
 1年目、12年目、15年目のウイスキーの香りを嗅ぐことが出来た。
 1年目に比べ、12年・15年のものの方がまろやかな香りだった。
 寝かせておくことで、こうも違ってくるのかと感じた。

 3種類のウイスキー+αを試飲させてもらう。
 ウイスキーってみな同じかと思っていたが、こうも味が違うのかと実感する。
 そして、お土産を購入した後、再びタクシーで作並駅に戻った。
 戻る際に通った、国道48号線に設置されている作並駅への標識には、
「日本初の交流電化区間」と表示されていたので、しっかり記録しておく。

C0802a027
(国道48号線に設置されている標識)

 ただ、一般の人に「交流電化区間」と書いて通じるのだろうか?という疑問が...
 まぁ、書いてあれば「何だろう」と調べる人もいるからいいのかもしれない。

 また、利用した作並駅は、駅舎改築中でプレハブの待合室が設置されていた。

C0802a028
(改築中の作並駅)
 

« 仙山線へ | トップページ | 再び仙山線へ »

工場見学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/40056804

この記事へのトラックバック一覧です: 工場見学:ニッカ宮城峡蒸留所:

« 仙山線へ | トップページ | 再び仙山線へ »