2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« KATO:EF64前期型(2) | トップページ | NEX 車両置き換え »

KATO:EF64前期型(3)

 29号機、38号機と整備した、KATOのEF64 0番台の前期型。
 今回は、番外編的な37号機(茶ガマ)を整備した。

 ここまでの2両と異なり、何故か手すりが別パーツ化されていた。
 ディティールを考えれば別パーツの方がいいのだろうけど、なんとなく面倒くさかった。
 そして、その予感が当たる。手すりを取り付けようとする逃げる。そして緩い。
 走行中の脱落は避けたいので、裏側から接着剤で固定することに。

 取り付けてみたところ、なんとなく出っぱりすぎているような気がするんだが...
 
 車体を外したついでで、アンテナ・信号炎管・避雷器の取付も行う。
 38号機と同じ整備内容に。

C0802a007
(上回りの整備が完了)

 下回りは、カプラーをナックルカプラーに交換しただけ。
 これで、3両目のEF64の整備が完了。

C0802a008
(3両のEF64)

 こうやって並べてみると、一般色の屋根の方がなんとなく、地味な気がする。
 何か色入れした方がいいような気がした。


 ところで、今回整備した37号機と同様に、最近の製品は、手すりの別パーツ化が進んでいるが、
初めて取付を行ってみて、なんとも面倒くさいなぁと感じた。これがあと数両あると思うと気が重い...orz
 ちなみにKATOは、今度発売したE233については、購入したら手を加えずに走らせられるよう、
側面方向幕を事前に印刷して出荷するとのこと。そう考えたら、手すりの別パーツ化も不要な気が。


※加筆修正
→08/05/16 記事形式変更に伴い、文章構成等を一部見直し。
 

« KATO:EF64前期型(2) | トップページ | NEX 車両置き換え »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/17948165

この記事へのトラックバック一覧です: KATO:EF64前期型(3):

« KATO:EF64前期型(2) | トップページ | NEX 車両置き換え »