2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« KATO:205系(埼京) | トップページ | 新春運転会 »

運転会へ

 日曜日。今年初めての運転会へ。
 今回の会場は高尾。昨年高架化した中央線に乗るべく、新宿回りで向かうことに。

 新宿から中央線の快速電車に乗車する。
 途中どこかの駅で降車し観察するつもりだったため、東小金井で降車する。

C0801a063
(東小金井駅下りホーム)

 この駅は、上り線の高架化工事の影響で上下線で別改札になっていた。
 工事の影響で跨線橋を架けられないばかりか、上り線は地上を走っている影響で地下道が設けてあった。
 上り線側の駅舎は仮設のものだった。確かに高架化すれば、この駅舎は不要になるのだろう。

C0801a064
(東小金井駅上り線の駅舎)

 再び下り線の駅舎へ。
 改札を入ると、ホーム案内の番線が上から『2』と貼ってあるようだった。
 両線とも高架化したら、下り線側が1番線になるのだろう...

C0801a065
(2番線と書かれた下りホームへの案内)

 ホームに上がったまでは良かったのだが...
 立川~日野間でタコ凧が引っ掛かったとのこと。次に来るのは12時41分発。
 再び前かぶりのため待っていると、表示器に『通知』と表示されている。
 たぶんココでしばらく停車になるのだろうと、タカをくくっていると武蔵境を発車した電車が見えた。
 まもなくだろうと思いきや、なかなかやって来ない。どうしたんだろうと思いつつ待ち続ける。
 ただ、この駅。高架化したことにより北風がもろに吹き付け、とても寒い。最悪だ...
 やがてやってきたのは『中央特快』。しかも止まるような速度で走っている。

C0801a066
(やって来た中央特快)

 電車が来たときには『通知』の表示が消えていたし、信号機は『青』が出ていた。
 にもかかわらず、すごくゆっくり。時より止まりつつ進んでいく。しかし乗車できるわけではない。
 さらに、不愉快な気分にさせられたのは、後続電車が駅の手前で停車している。
 これって、国鉄時代の順法闘争の頃の運転?かと言うぐらいノロノロ運転。本当に寒かった。
 
 この電車が出て行って、乗車できたのは13時少し前。
 気の利いた車掌さんだったので、ドアが半自動扱いしてくれて、ようやく一心地着いた。
 発車まで20分ほど待つが半自動だったことで救われる。

 東小金井を出たのは13時20分過ぎ。
 国分寺で『かいじ』をやり過ごし、高尾に着いたのは運転会開始予定時間の14時頃。
 流石に他の参加者も影響を受けたようで、運転会の開始が30分ほど遅れることに。

 こんな風の強いに凧を揚げるなんて...
 

« KATO:205系(埼京) | トップページ | 新春運転会 »

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄:関東」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運転会へ:

« KATO:205系(埼京) | トップページ | 新春運転会 »