2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 50系(アメトレ) | トップページ | 河合:ホキ10000(1) »

バスコレの収納を考える

 このところ、バスコレを立て続けに買ったものの、収納方法に悩んでいた。
 ただ、このまま放っておくわけにもいかないので、何かいいものがないかと考えた。
 当初は、TOMIXの車両用クリアケースなどを転用していたが、バスが増えるにつれ数が足らなくなった。

C0801a041
(増え続けたバスコレ)

 収納するにあたり、箱自体が容易に安く入手が可能なものの方がいいだろうと考えた。
 色々と考え、100円ショップで販売しているA5版のクリアケースに落ち着く。
 なお、整列しやすいよう手持ちのスチレンボード(3ミリ厚)を切り出し、仕切り板にしてみた。
 仕切り板を用意したところで、早速ケースにバスを放り込んでいく。

C0801a042
(バスが放り込まれたケース)

 箱形のバスは良かったのだが、第10弾の「日野新型セレガ」は屋根上に表現されていた
クーラーや部品類が平らではないため、同方向での積み上げが出来なかった。
 そのため、上の写真の通り、互い違いに放り込んで収納することにした。

C0801a043
(屋根上が平らではない「日野新型セレガ」)

 この手法を応用して、手持ちのトラコレも同様にケースに放り込んでみた。
 トラコレの方がコンテナが箱になっている分、よりコンパクトに収納することが出来た。

C0801a044
(収納したバスコレとトラコレ)
 

« 50系(アメトレ) | トップページ | 河合:ホキ10000(1) »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/17626533

この記事へのトラックバック一覧です: バスコレの収納を考える:

« 50系(アメトレ) | トップページ | 河合:ホキ10000(1) »