2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 水上98号と... | トップページ | SINKYOカプラー取付(ホキ5700他) »

シーハイル上越

 毎シーズン運転している、上越線の臨時列車が今年も運転開始した。
 以前は、165系を使用し、高崎局の局境だった宮原や、両毛線から越後湯沢方面に運転していた。
 ここ数年は、165系の引退に伴う183系の波動用車両化で、183系で運転している。
 なお、両毛線からの運転が無くなった代わりに、高崎線からの列車は大宮始発となっている。

 今日~明日は仕事のため乗車できないが、まず撮影しておきたいという気持ちから、出勤前に撮影した。

C0801a031
(シーハイル上越号)

 仕事が落ち着いたら、この列車に乗って北急詣してこようと考えている。


 ところで以前、「シーハイル湯沢中里」号という、115系7両編成で運転している列車があった。
 下りのみ、熊谷~越後湯沢間を運転するという列車だった。ところが、この115系7両自体曰く付きだった。
 本来なら、信越線の上り列車に充当されるために、高崎から回送で送り込む編成を使用していた。
 間合い運用で運転していたため、当然ながら上り列車の設定が無かった。
 さらに、本来の仕事である、信越線の列車には185系が代走していた。

 最近はこういった、定期列車の間合いで運転する変わり種列車が減っているような気がする。
 ただ、送り込みに遠路はるばる回送する列車が増えていたりする...

« 水上98号と... | トップページ | SINKYOカプラー取付(ホキ5700他) »

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄:関東」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シーハイル上越:

« 水上98号と... | トップページ | SINKYOカプラー取付(ホキ5700他) »