2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« セメント貨車2種 | トップページ | 運転会へ »

KATO:205系(埼京)

 これも手つかず品だった。整理している際に出てきたもの。
 おそらく購入したのは、立川に住んでいた頃だから、10年以上前に購入したもののようだ。
 当然ながら、4両セットで現行品ではない。今思うとなんで4両セットだったのか疑問が残る。

C0801a059
(205系埼京線4両セット)

 せっかくなので、入線整備することに。
 まずアンテナ・信号炎管・避雷器の取付から。
 アンテナと信号炎管の取付は比較的スムーズに行ったが、避雷器は上手く入らない。
 どうも、穴の幅よりも避雷器の取付足の方が幅が広いような感じだ。
 ただし、削いで抜けやすくしても仕方がないので、無理矢理押し込んだ。

C0801a060
(アンテナ類の取付が完了)

 そして、行先表示幕の再現。
 ステッカーを貼らないため、いつも通り修正ペンで再現することに。
 はっきり言って手抜きだが、塗料を用意する手間や換気を考えるとかなり手軽だ。
 それにしても、この手法って、いつ頃思いついたんだろう?随分長くやってる気がするが... 

 なお、前回の「なごやか」で使用した修正ペンが薄かったため、銘柄を変更することに。
 とりあえず、はみ出さないようにだけ気をつけた。

C0801a061
(裏から塗りつぶす)

 これでひとまず入線整備は終了。
 カプラーは製品のままで交換しないでおく。
 交換することも考えたが、このままでも十分安定していると判断した。
 
C0801a062
(整備完了)

 ところでこの埼京線、1編成では無かったりする。
 にもかかわらず、単独で10両編成になるものが、セットを継ぎ足しても1本しか無かったりする。
 スペースの都合で、10両編成を運転することが殆ど無いからこれで十分かもしれないが...


※加筆修正
→08/05/16 記事形式変更に伴い、文章構成等を一部見直し。
 

« セメント貨車2種 | トップページ | 運転会へ »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/17675512

この記事へのトラックバック一覧です: KATO:205系(埼京):

« セメント貨車2種 | トップページ | 運転会へ »