2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 2007年12月16日 - 2007年12月22日 | トップページ | 2007年12月30日 - 2008年1月5日 »

2007年12月23日 - 2007年12月29日

エアポート常磐

 所用で上京し、上野で新幹線を降りたところ、タイトルの列車を見かけたので撮影した。

 見かけたのは、快速「エアポート常磐2号」。
 成田空港から成田線、常磐線経由で上野にやってくる列車。
 車両は183系6両で、ヘッドマーク・横サボはステッカーのようだった。

C0712212
(エアポート常磐2号。上野駅にて)

C0712213
(横サボ。上野駅にて)

 そういえば、先日の運転会の際も話題になった。
 常磐線・成田線経由でどの程度利用する人がいるのだろうか?なんて話をしていた。
 ただ、松戸や我孫子から成田空港に向かうのにはいいのでは?と聞いていた。
 で、今朝見かけた列車は立ち客が出るほどの混雑だった。
 もっとも、上りは全車自由席で、我孫子・柏・松戸・北千住と停車しているので、
降りてきた人のうち、どの程度の人が成田空港からやってきたのかは不明だった。

 なお、降りてきた人がいなくなってから、到着ホーム(13番線)を観察してみると、
臨時列車にもかかわらず、ホーム上に乗車位置のステッカーまで貼られていた。

C0712214
(乗り場案内。上野駅にて)

 撮影しなかったが、時刻表なども貼られていた。
 これだけ色々と手配されているところを見ると、そのうち「むさしの」号のような
乗り入れ列車として、定期列車化とかする予定でもあるのだろうか?
 そして、新しい空港アクセスパターンとして定着するのだろうか?

★この記事から、下記サイトさんへTBを送信しました。
 (07/12/30) 秋南高速特急きっぷうりば さん
 (07/12/30) あらかわ交通ノート さん
 (07/12/30) Kaz-T's blog さん
 (07/12/30) くましげ さん
 (08/01/07) TOMOさん


 

散財報告(28日)

 仕事納めのこの日。
 TOMIXの夢空間が夕方入荷するとのことで、仕事を終え一旦帰宅してから、いつものお店へ。

 もともと、限定バージョンの予約を入れておいたため、無理に取り行く必要もなかったのだが、
土曜日は出張で、取りに行けるか微妙なので、雨が降っていたがあえて取りに行った。

 お店に到着し、動力のテストをしてもらいながら、通常品(夢空間北斗星セット)のことを聞いたところ、
展示品のみとのことだった。次に出会えるかわからないかもしれないので、あわせて購入してしまう。

 ということで、本日の散財は夢空間2編成ということに。
 バージョン違いとはいえ、同時に2本は存在していないからなぁ...
 どのように回していくか考えなくてはかなと。

 ちなみに、この2セット。
 限定品は、上から機関車~電源車~寝台車~下に夢空間の順で収納されている。
 そして通常品は、上に夢空間が入り、一番下が電源車と、収納順が逆になっている。
 どうやらセットによって作り分けたのだろう。
 (というか、機関車がセットならば、最後部が展望車ということだけなんだろうけど...)

C0712211
(夢空間2セット。左が通常品、右が限定品)

 なお、慌てて購入したため一般寝台車(オハネ&オハネフ)を購入するのを忘れてたりする。
 まだまだ買わねばならないものだらけのような。この分だと、しばらく散財が続きそうだ...

 あと、先日からそのお店で展示されていた、ラビットさんのEF81-81を見て、
自分も少しは、購入したものに手を加えてやらなきゃだなぁと、強い刺激を受けた。
 

KATO:DD51(800番台)

 お召し機(842号機)に続いて、10月に購入したままとなっていた、
 KATOのDD51-800番台2両についても入線整備をする。

 まず、お召し機と同様にホイッスルの取り付け。
 さすがに今回は治具は使用しなかったが、すんなり取り付け完了する。

 そして、お召し機に無かったナンバーの取り付け。
 特にこだわりは無かったが、ジモガマということで、高崎運転所所属だった808・811号機にする。

C0712208
(整備した2両)

 せっかくなので、先日整備したお召し機と並べて撮影した。

C0712209
(今回導入した3両。左が842号機)


 ところで、以前購入したDD51も並べてみようと、北斗星塗色を並べてみたが...
 何か違和感があるなぁと観察してみると、どうやら北斗星塗色の方が少し大きいようだ。
 実際に並べて、ステップ間を計測したところ、北斗星塗色の方が3ミリ程度大きかった。
 しかも、北斗星塗色の方が寒冷地仕様でなければならないにもかかわらず、スノウプロウが無かったりして。

C0712210
(北斗星塗色と並べてみた)

 まさか、カプラーが違うだけでは無いとは...orz
 

KATO:DD51(お召し)

 7月に購入し、手つかずだったKATOのDD51(お召し)の入線整備をする。

 プロトタイプは、高崎車両センターに所属している842号機。過去のお召し列車にも使用され、
 排気口が銀色でステンレスの帯が貼り付けられたりと、一目でお召し列車用機関車とわかる。
 ただ、現在は定期運用が無く、専らイベントや団臨に使用されている。

C0712207
(実車。団臨の後補機だった。2006年6月、高崎駅にて)

 早速箱から取り出し、ホイッスルを取り付けることに。
 ご丁寧に治具が点いているので、これを用いて取り付けようと試みたが、力を入れすぎた。
 その結果、見事に治具が真ん中で折れてしまう。仕方がないのでピンセットで取り付ける。

C0712204
(ホイッスルと折れた治具)

 同時に、付属していた日章旗も取り付けてみる。
 手すりに引っかけるタイプなので、ちゃんと引っかければ外れない。上手い構造だ。
 これならば、走行中の脱落を心配しなくても済みそうだ。

C0712205
(日章旗を取り付けた842号機)

 ちなみにカプラーは新しいナックルタイプ。
 このタイプのカプラーは今回初めて見たが、バランスがとれたサイズといった感じだ。
 おそらく今後、KATOの機関車は、このカプラーが標準装備されていくのだろう。

 ところで、購入時にうすうす気づいてはいたが、車両ケースの中敷きのウレタンが
電車タイプのものに変わっていた。コストと手間の関係なのだろうか?

C0712206
(DD51と車両ケース)
 

久しぶりの出張

 
 新しいカメラを購入して以来、久しぶりに東京へ出張してきた。

 まず、新幹線で東京へ。予定より1本早い新幹線に乗車する。
 東京に到着する際、東海道線のホームに湘南色の217系が停車していたため向かってみる。
 確か、サボは「快速アクティ・熱海」と表示していたが、タッチの差でどこかに行ってしまったようだ。
 ただ、転線のための引き上げだったようで、少し待つと8番線に到着する。
 1本早い新幹線に乗車できたことが幸いして、しっかり撮影する。

C0712201
(217系湘南色。東京駅にて)

続きを読む "久しぶりの出張" »

JR・来春のダイヤ改正(3)

 
 来春のJRダイヤ改正。
 最後に新線・新駅関係を見てみる。

・新線開業
 JR西日本・おおさか東線(放出~久宝寺間)開業

 最終的には新大阪まで開業する、おおさか東線。
 全面開業するまで、久宝寺側の接続で対応して放出折返しするのかと思っていたが、
このプレスリリースが出る2週間ほど前、たまたまこの線のことを知って調べたら、
どうやら放出側も学研都市線と接続できるような構造になると知って驚いた。
 普通に考えると、新線というと立体交差ってイメージと思っていたが...
 今回の改正で、奈良からこの線を経由して尼崎に出る快速が走るそうだ。
 将来的には、放出で尼崎のようなことをするんだろうな。たぶん。


・新駅開業
 東: 1駅(武蔵野線・越谷レイクタウン)
 西:12駅(神戸線・須磨海浜公園ほか)
 四: 1駅(土讃線・小村神社前)
 九: 1駅(日田彦山線・歓遊舎ひこさん)

 1回の改正で新線(おおさか東線=5駅)開業を除き、10駅同時に開業するのは珍しい。
 気になったものを数駅あげてみた。

・越谷レイクタウン。
 周辺で開発されている同名のニュータウンの最寄り。
 まもなく街開きするとのこと。

・婦中鵜坂。
 富山市の活性化社会実験の一環として開業する臨時駅。
 富山市については、ライトレールに高山線の増発と、鉄道にやさしい街のようだ。
 そうでなくても、路面電車の路線延長(環状線化)など、話題が尽きぬ感が。

C0712151
(「もっと高山本線」HMを付けたキハ120。07年10月撮影)

・小村神社前。
 ニュースサイトを検索したところ、産廃施設建設に伴う地元振興策とのこと。
 なんだか、珍しい理由で駅が出来るような気が。
 ちなみに駅近くに同名の神社があるそうだ。

・歓遊舎ひこさん。
 近隣にある「道の駅」の名称。
 道の駅が先に出来て、後から鉄道の駅が出来るというのも珍しい気が。
 

 イレギュラーな新幹線が設定されたり、新駅が15駅開業したりと、話題に事欠かないが、
あまり目玉商品がなかったりして、本当に珍しいダイヤ改正だと思った。
 とはいえ、今から改正後の時刻表が楽しみだ。
 

JR・来春のダイヤ改正(2)

 
 新幹線・優等関係に続き、廃止となる夜行列車関係。

・夜行列車関係
 「北斗星」が1往復減便(北海道新幹線建設工事のため)
 「日本海」が1往復減便(利用者の減少)
 「なは・あかつき」「急行銀河」が廃止(利用者の減少)
 
 と、夜行列車・冬の時代と言った感じがする。
 ただ、サンライズ瀬戸・出雲のようなリニューアルが無かったことが一因かもしれない。
 廃止になった列車の車両は、手を入れていたにしても国鉄時代の車が多かった。

 移動するだけなら「格安」夜行バスの方が便利なのかもしれない。
 もっとも夜行バスですら、路線バスとツアーバスで競争しているぐらいだからなぁ。

C0712154
(北斗星4号。2007年8月、上野駅にて)

C0712155
(日本海。2006年10月、富山駅にて)

C07121560
(なは・あかつき。2007年3月、京都駅にて)
 
 ちなみに、北海道関係は、北海道新幹線建設工事のためということで、
残存する夜行列車の運転時刻にも変更が出るとのこと。
 新幹線が出来て、北海道方面全滅というシナリオだけは回避して欲しいと思うのだが。

 とりあえず、地元を走る「あけぼの」「北陸」「能登」はいずれも残存したが、
これも北海道同様、北陸新幹線の延伸後はどうなるかわからないし、
車両も随分くたびれてきているから、来夏は早起きして撮影しなきゃかもしれないなぁ...
 
C0712157
(急行能登。2006年7月、富山駅にて)

JR・来春のダイヤ改正(1)

 20日に発表された、来春のJRダイヤ改正。
 ようやく仕事が落ち着いたので、各社のプレスリリースを見てみた。

 まず、新幹線・優等列車関係から。

・新幹線関係
 イレギュラー新設もの3発。
 いずれも列車名別運転区間としては1本のみとなる。ある種、珍列車という存在?

・仙台始発の「はやて」を新設。
 今までになかったパターン。盛岡・八戸に行く列車というイメージがあったのだが。
 仙台~東京間の運転で、列車名が「やまびこ」にならなかったのが面白い。
 ただ、運転形態や停車駅パターンから言ったら、「はやて」ということなのだろう。

・新横浜始発の「ひかり」を新設。
 詳細なダイヤがわからないが、前日送り込むのだろうか?
 逆パターン(新横浜行)ならば、横サボを見る楽しみもあるのだろうが...
 ちなみにこの列車は、N700系で運転されるとのこと。
 未だに同車種以外の「のぞみ」がある中、まさか新横浜~広島間の「ひかり」とは。
 新大阪あたりで打ち切って、のぞみに充当したかったのでは?と言う感じも否めない。
 なお、小田原・静岡から名古屋乗り継ぎで西に向かうのに便利になるとのこと。

・西明石始発の「のぞみ」を新設。
 新横浜始発と同様、西明石に折返し設備か滞泊設備でもあるのだろうか?
 そもそも「のぞみ」停車駅ではなかった西明石を始発にしたあたり面白い。
 そして、この列車以外に「のぞみ」が停車するようになるのだろうか?
 わざわざ、西明石の「のぞみ」料金を新規設定したのに、この列車だけというのも...
 ちなみにこの列車は、新神戸から東京方面への到達時間の短縮が目的のようだ。

 上記3点以外では、「のぞみ」「ひかり」の品川・新横浜への全列車停車ぐらいか。
 あまり大きい目玉はないが、イレギュラーな新幹線が出来るダイヤ改正かなと感じた。


・優等列車関係

・「成田エクスプレス」増発
 品川駅の折返し線新設に伴い、1.5往復増発とのこと。
 ただし、品川始発のうち1本は、新宿始発と東京駅で併結するため、
 純然たる増発は1往復のみか?

・特急「ひだ」増発
 先日、高山駅で見た「いい旅 ふた旅 ひだ91号」とほぼ同時刻に名古屋を発車する。
 上記列車は、名古屋~高山間を2時間40分掛けていたが、定期列車になるということで
 時刻も見直されたのか、到達時間が19分早くなっている。

C0712161
(いい旅 ふた旅 ひだ91号。高山駅にて)

・「ホームエクスプレス阿南」新設
 臨時特急として運転していた「むろと」を格上げし、列車名を変更するとのこと。
 列車名の通り、通勤特急としての使命を持って設定されたということだろう。


 在来線の優等列車もあまり目玉はなかった。
 特に北海道は、10月に新車導入を終えているせいか、こちらも目立ったものがないなと感じた。

 夜行列車関係は、後ほど。
 
★この記事から、下記サイトさんへTBを送信しました。
 (07/12/30) あらかわ交通ノート さん

 

« 2007年12月16日 - 2007年12月22日 | トップページ | 2007年12月30日 - 2008年1月5日 »