2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 2007年11月11日 - 2007年11月17日 | トップページ | 2007年12月9日 - 2007年12月15日 »

2007年11月18日 - 2007年11月24日

SL会津只見紅葉号

 11月 3日

 只見から「SL会津只見紅葉号」に乗車する。
 運転日数が少ないせいか、この列車の指定席は完売とのことだった。
 それにしても初めての只見線が、混雑した気動車とSL牽引列車とは。
 次回は普段の只見線に乗らなくてはと、本当に思った。

 そして久しぶりの旧型客車。
 このところ客車列車はご無沙汰だったし、旧型客車となればしばらく乗車していない。
 初めて乗車したのはまだJRが国鉄だった頃、リバイバルとして運転された列車だったのだが、
このところ地元のSLはといえば、ほとんど12系客車で運転されている。
 そういう意味でも今回、旧型客車に乗車できたのは貴重なことなのかもしれない。

 会津川口。数分の停車。
 ここでタブレットの交換。

071103f01
(タブレットを持参する駅員。会津川口にて)

続きを読む "SL会津只見紅葉号" »

只見駅

11月3日

 SLの転線作業を撮影するため、小出寄りの構内踏切脇で待つことに。
 それにしても、カメラ付き携帯電話で撮影しようとする人が多いせいか、
周りを気にせず平気で人の前に入ったり、立ち入り禁止区域に入ったりと、
あまりのマナーの悪さにマナーを守って欲しいなぁと先輩と話す。

 ところが、今回はそれで済まなかった。
 到着寸前、線路内に立ち入りSLに向かっていく親子が。
 列車はまだ停車していない。もし止まれなかった場合どうする気なんだろうと呆れる。
 何事もなかったから良かったものの...

071103e01
(転線作業中のC11。只見にて)

続きを読む "只見駅" »

只見線

11月3日

 この日。先輩に誘われ旅に出て、只見線に初めて乗車することになった。
 只見線と言えば、一日数本しかない列車が会津若松と小出を結ぶ路線ということで、
その本数がいかに閑散線区かということを物語っていたはずなのだが...

 ところが今回、乗車した列車はというと、座席が全て埋まるだけでなく立ち客も多数いて、
とても閑散線区とは思えない状況。この状況が終点の只見まで続くことに。
 次回は平日の空いている時に来てみようと思った。

 途中の大白川で3分停車。
 停車時間を使用して編成写真を撮影することに。

071103d01
(快速「只見紅葉SLリレー」号。大白川にて)

 トンネルに挟まれた秘境駅・田子倉駅を通過後、エンジンを唸らせながら田子倉トンネルの上り勾配を
進んでいく。ある程度進んだところで、唸っていたエンジン音が幾分静かになる。トンネル内なので勾配が
どの程度かわからないが、どうやら勾配を登り切って下り勾配に入ったようだ。

 トンネルを出ると終点・只見に到着。
 ほとんどの乗客は降りたが、折り返して乗車する人もいるようだった。

« 2007年11月11日 - 2007年11月17日 | トップページ | 2007年12月9日 - 2007年12月15日 »