2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 上野駅にて | トップページ | 岡部にて(EF65-501) »

何故か越後湯沢へ

 ということで、所用を済ました足で、タイトル通り越後湯沢へ。

 別に用事があったわけではないが、ようやく仕事が終わり、気分転換のために小旅行に出たという感じだ。
 今回は、特急で水上まで向かい、そこから普通列車で越後湯沢まで向かった。
 年末年始は天気が荒れるとのことだったが、水上まで雪など無い状態。

 水上から長岡行きに乗り換えたが、湯桧曽も雪がなかったし、トンネルを抜けた土樽も積もってなかった。

C0712221
(土樽駅。下り列車車中から)

 確かに越後中里のスキー場も、滑走可能なコースがあまり無いように見えたし、滑っている人も少なかった。
 2年前(2006年1月)は雪が多く、土樽駅の除雪が出来なくなり、通過したことがあったのだが。
 今年も昨年同様、あまり雪が降らないのだろうか?

 そして越後湯沢で下車し、停車中の「はくたか」をいつもと同じ立ち位置で撮影する。
 それにしても、帰省ラッシュまっしぐらと言うことで、新幹線の改札もコンコースも混んでいた。
 さらに、撮影した「はくたか」に至っては、発車間際は指定席やデッキまで立ち客があふれていた。
 また、そのあとの臨時の「はくたか」は発車まで1時間あるのに、既にホームに列が出来ていた。

C0712222
(はくたか。越後湯沢駅にて)


 また、先日記事に書いた、越後湯沢で見たMCR600。
 同型車が構内の保守基地線に停車していたが、なんだか黄緑色に塗られていた。
 そういえば、未だに沼田のMCR600は見ていないし、越後湯沢のものは色が違ったりして。

C0712223
(MCR600とおぼしき除雪車(右)。越後湯沢駅にて)


 そして、来た証拠というわけではないが駅舎を撮影。
 小雨が降りだし、肌寒く感じる。
 そもそも、列車に乗ることだけがほぼ目的だったし、目的は達成できたので、再び水上に戻ることに。

C0712224
(越後湯沢駅駅舎)

 流石に朝早く動き始めたため、水上に戻る頃には疲れがピークだったようだ。
 それでも、水上駅前の観察をするため1本待った。

 結局、1時間待って乗車した高崎行では、ほとんどウトウトしていた。
 もっとも、外も陽が落ちて車窓も期待できるわけではなかったので、ちょうど良かったのかもしれない。
 そして本当は、もっと遠くに行きたかったのだが、束の間の気分転換になったのでヨシとしよう。


※加筆修正
→08/05/03 記事形式変更に伴い、文章構成等を一部見直し。
  

« 上野駅にて | トップページ | 岡部にて(EF65-501) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄:甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/17518551

この記事へのトラックバック一覧です: 何故か越後湯沢へ:

« 上野駅にて | トップページ | 岡部にて(EF65-501) »