2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« スーパーはくと4号 | トップページ | 塚本で撮影。 »

進路は東。

 3月 6日(火)

 姫路駅内を駆け足で撮影し、新快速・敦賀行きに乗り継ぐ。

070306b001
(新快速・敦賀行。姫路にて)

 昨日、京都から最初に乗ったのも敦賀行きだったが、なかには米原回り・敦賀行きなんて列車もある。
 それにしても姫路で敦賀行きと聞くと、やはり足が長い列車だなと思う。湖西線経由・敦賀までで250キロ弱(245.5Km)と。
 気が遠くなるような距離にも思えるが、これだけの区間の列車が頻繁に行き来する辺り、とてもすごいことだなと思う。
 ちなみにこの列車、敦賀まで乗り通せば3時間4分。距離・時間ともに足の長い列車だ。

 姫路を発車すると、すぐ播但線側への渡り線が近づいてくる。完全高架化までの間、特急「はまかぜ」が進入するルートなのだろう。
 なお、この日は先行する貨物列車が遅れていたのか、姫路を出てすぐ前方の信号は黄色。減速を余儀なくされる。
 ただし、その貨物列車は姫路貨物駅に停車するのか側線に入ったため、ここからは遅れを回復すべく高速運転になる。

 姫路貨物駅。これだけの列車の往来があるところにある駅ながら、貨物駅自体が下り線の外側にあるため、
上り貨物列車の進入出の際には、下り列車の往来を一時ストップさせてしまう構造になっている。
 抱きかかえ型の配線の方がいいような気もするのだが。

 加古川を過ぎたあたりで、車内が混み合ってくる。前頭かぶりつきで乗車していたが、そのスペースもかなり狭くなる。
 そして、甲南山手駅で撮影をしていた痛勤型酷電氏から、2077レの次位に門司行きのEH500が
連結されているとメールをもらう。貨物列車の時刻を把握していなかったが、大久保駅通過の際にすれ違い
確認する。EH500と言うと、黒磯辺りを想像してしまうが、九州で活躍しだすとは...

 この時、まだ誰にも関西で、しかも新快速に乗車しているなんて教えてないから、返信メールを見た
痛勤型酷電氏もかなり驚いたようだった。そして、その後も撮影していると言うことで、急いで行程の
確認をした後、この日も行程を変更することに。芦屋で下車する。

 芦屋駅。こんな器用な使い方をする駅もすごいなと思う。自分が乗車した新快速は外側線を運転し、
1番線に停車し発車していく。そして後続の快速を待っていると、この快速を待避するため、快速線と同じ
内側線を運転する各駅停車が1番線に停車する。その後快速が2番線に到着する。
 ということで、この1番線の利用方法に驚いたが、どちらかが乱れて1番線の取り合いになった時、
どうやって使用順序を決めているのか気になった。少なくとも前日、近江今津で見た上りの新快速のように
遅れていれば、必ず取り合いになるはずなんだよなと。

070306b002
(快速・221系。芦屋にて)

 内側線と外側線、さらには駅順序をしっかり把握していなかったため、このあとさらに尼崎で各駅停車に
乗り換えて塚本に向かうことに。ちなみにここから乗り継いだ各駅停車は321系電車。
 当初の予定では乗車する予定がなかった形式だったため、行程変更が幸いすることに。

070306b011
(各駅停車・321系。尼崎にて)


※加筆修正
→08/03/17 読み直した際に文章構成を一部見直し。
→08/05/03 記事形式変更に伴い、文章構成等を一部見直し。
 

« スーパーはくと4号 | トップページ | 塚本で撮影。 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:関西」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/14277674

この記事へのトラックバック一覧です: 進路は東。:

« スーパーはくと4号 | トップページ | 塚本で撮影。 »