2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 釧路で撮影(その6:まりも②) | トップページ | 夜行バスで旅行へ »

釧路で撮影(その7:釧路~釧路川)

2007年 2月21日(水)
 
 この日は朝食を食べた後、釧路駅近くの陸橋に徒歩で向かい『スーパーおおぞら』を撮影。
 天気がよく、架線がないため陸橋上から撮影を行ったが、逆光気味の写真になってしまう。

070302a01
(スーパーおおぞら4号)

 また、お目当ての列車が発車する前に、キハ54が入区していくところだったため、
あわせて撮影することに。これを書いていて気づいたのが、実はこの入区の車両が、
後述の3631D(快速ノサップ)に充当されるようで、行先表示もその通りの表示となっていた。

070302a02
(入区中のキハ54。キハ54-519)

070302a03
(2521D釧路行。キハ40)
 
 
 ホテルに戻り、レンタカーで釧路~東釧路間の釧路川橋りょうへ。
 ここで、SL冬の湿原号を撮影することに。先客は一人だけ。空いていてホッとする。
 もっとも、こんな平日。しかも1ヶ月近い運転期間ならば、そんなに混むこともないはず。

 ということで、列車の通過までしばらく待つことに。
 それにしても列車密度が低い線区ゆえ、1時間以上待っても、お目当てのSLを入れても3本。
 ホントに列車が少ないなぁと。

 キハ54-519の快速ノサップ。

070302a04
(3631D・快速ノサップ)
 
 
 そして、お目当てのSL冬の湿原号。
 SLが来る頃には、地元の方とおぼしきカメラマンが7~8人来ていた。

070302a06
(9380レ・SL冬の湿原号)
 
 
 今回の旅行でのSL撮影はここまで。
 このあとは、釧路空港に戻るべく、大楽毛方面に移動を開始する。

 途中、釧路運輸車両所脇を通った際、運用から外れ同所内に留置されている、
キサロハ182を撮影する。何らかの有効活用が出来ないのだろうか?と思った。
 改造して『まりも』あたりに利用すればいいのになぁ、なんて思う。

070302a11
(留置されていたキサロハ182)
 
 
 その後、釧路空港に直行せず、根室本線の庶路~大楽毛間にある東庶路信号場付近へ。
 根室本線の貨物列車の撮影することに。
 ギリギリまで撮影ポイントに迷ったが、積もる雪をかき分けつつ、線路脇に進む。
 やって来たのは、DF200がけん引する2091列車。
 残念ながらコキは数両しか連結されていなかった。
 しかも、コンテナもあまり積載されていなかった。

070302a07
(DF200がけん引する2091列車)
 
 
 これで、今回の旅行での撮影が全て終了。
 釧路空港に向かう。

 その帰りの飛行機は、修学旅行帰りの学生が多く搭乗。
 そのため、保安検査が終わったのは出発直前だった。
 また、JALの飛行機に乗ったにもかかわらず、羽田空港は、第2ターミナル側に到着。
 よって、ターミナルまでバスで移動。
 往路に比べ、なんとなく慌ただしい到着となった。
 
 
 このあと帰りの電車で、釧路でMさんからもらった風邪のせいでグッタリし、
帰宅した途端すぐ寝込んでしまった。


※加筆修正
→08/08/29 読み直した際に文章構成を一部見直し。
→10/10/24 リンク先とする際、加筆修正。
 

« 釧路で撮影(その6:まりも②) | トップページ | 夜行バスで旅行へ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR北」カテゴリの記事

鉄:北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/14090213

この記事へのトラックバック一覧です: 釧路で撮影(その7:釧路~釧路川):

« 釧路で撮影(その6:まりも②) | トップページ | 夜行バスで旅行へ »