2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 餘部鉄橋 | トップページ | 進路は東。 »

スーパーはくと4号

 3月 6日(火)

 鳥取の朝はいきなり寝坊から始まる。
 夜勤明けの夜行バスが効いたのか、気がつけば8時を回っている。
 しかもカーテンを開ければ、何故か雪が降っている。昨夜の天気予報が見事に当たってしまったようだ。
 とりあえず急いで支度を調え、ホテルを後にする。

 ただし、この日最初に乗車するのは、鳥取発9時16発のスーパーはくと4号。
 いくら青春18きっぷを利用する旅とはいえ、ずっと普通列車に乗車するのもつまらないなと思い、
事前に特急券を用意しておいた。

 ちなみにこの日の先頭車は貫通型。
 昨日、京都で撮影したスーパーはくと1号が非貫通型の先頭車だったため、撮り比べということになる。

070306a001
(スーパーはくと4号。鳥取にて)

 陰陽を結ぶこの『スーパーはくと』は、鳥取を発車するとこまめに因美線・智頭急行の駅に停車していく。
郡家、智頭、大原、佐用、上郡と。定期列車で設定されているものは、ほぼ停車駅が固定されており、
この智頭急行と同じ第3セクター・北越急行を走る『はくたか』と比較して、沿線からも利用しやすい
ダイヤ構成になっている。
 もっとも、停車駅=上下特急の交換駅と言った面も否めないが...
 また、エンジンの振動や騒音も少なく本当に乗り心地がよく、停車駅間の時間が短いため、あっという間に
次の駅に停車しているなぁと言った印象を持った。この所要時間の短さは、電車並みの加速と並んで、
振り子装置が付いていることが大きく影響しているのだろうと感じる。

 それにしても、この智頭急行。こういう時でもなければ、乗車する機会など滅多にないかもしれないが、
バイパス線的な要素を持っている辺りは、伊勢鉄道や北越急行と近いように感じる。
 第3セクターながら、近隣のJR線より線路などの設備が高規格に作られていることなど。
 それゆえ、乗り心地もよいのだろう。


 智頭。ここでスーパーはくと1号と行き違い。
 智頭急行の運転士が乗り継ぐ。乗り継ぐためではないのだろうけど、4分停車。

070306a002
(スーパーはくと1号と。智頭にて)


 さらに大原。ここで今度はスーパーいなば1号と行き違い。
 そして、普通列車用車両の基地があったので、あわせて車内から撮影。

070306a003
(スーパーいなば1号と。大原にて)

070306a004
(車両基地。大原停車中に車内から)


 そして、右手に山陽本線が見えてきたなと気づいたら高架で上り線を跨ぎ、上郡に到着。
 鳥取から1時間10分。本当に速かった。このまま姫路まで継続して乗車する。
 途中、網干総合車両所の脇を通過したが、鷹取工場の機能も移転・併設しているため、
ことのほか広く感じられる。で、構内の留置線には213系U@Techの姿も。
今回は、前日・敦賀でのキヤ141といい、偶然ながら見られてラッキーに思える。
 急だったため、撮影できなかったのが残念だったが...

 山陽本線のみが高架化した姫路駅。ここで下車。

070306a005
(スーパーはくと4号後追い。姫路駅にて)

 高架工事が進む中、未だ地上から着発している姫新線の列車や駅舎などを撮影し、次の列車に向かうことに。
 ちなみに播但線の103系も撮影しようとしたが、ホームにたどり着く直前に発車してしまい、撮影できなかった。

070306a006
(姫新線の列車。姫路駅にて)

070306a007
(姫路駅舎)


※加筆修正
→08/05/03 記事形式変更に伴い、文章構成等を一部見直し。
 

« 餘部鉄橋 | トップページ | 進路は東。 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:3セク」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:関西」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/14277530

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーはくと4号:

« 餘部鉄橋 | トップページ | 進路は東。 »