2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 釧路で撮影(その2:まりも) | トップページ | 釧路で撮影(その4:犬のいる踏切) »

釧路で撮影(その3:釧路~釧路湿原)

 2月20日(火)

 釧路2日目。
 ということで、前日は『まりも』まで撮影したが、この日は朝から快晴だったため、
ホテルで朝食を食べた直後に、釧路駅の下り方の歩道橋に出向く。
 通勤時間帯の列車を撮影することに。

070226a01
(根室行・5629D)

070226a02
(根室発・5624D)
 

 朝の通勤通学時間帯とはいえ、さほど輸送力を必要としていないのか到着する上り列車も1両。
少ないなと思ったが、通勤時間帯後の列車の設定状況を考えれば、1両で十分対応できるのだろう。
 もっとも、釧路市内(駅周辺)はバスが幅をきかせているようにも感じた。
 今回は釧路駅前の東急インに宿泊したが、泊まった部屋の窓からちょうどバスターミナルが見え、
朝夕の通勤通学時間帯にはバスの往来が多かったように思えた。

 で、この後の列車まで時間が空くため、ここでの撮影はこの2本のみ。
 一旦ホテルに戻り、レンタカーで出掛けることに。


 まず、釧路湿原の展望台へ向かうことに。

 釧路市内から、国道391号線を北に向かう。
 ただ、暖冬のせいなのか道路にはあまり雪がなかったが、対向車線では路肩で横転していた車
(というか、完全にひっくり返っていた)があったりして、雪がないとはいえ気が抜けないんだなと。
 ちなみに、今回の旅行ではレンタカーで移動したが、ほぼ全行程を雪道の運転に慣れている
職場の大先輩・Kさんが担当したため、私は移動中は後ろで外を眺めていれば良かったし、
目的地に着けばすぐ撮影の準備と、本当に楽をさせてもらった。
 
 国道から横道に入り、釧路湿原の展望台に向かう途中、達古武湖という大きな湖が現れるが、
湖面が完全に凍結していて、ワカサギ釣りをしている人がいた。そういえば地元・群馬では、
今シーズンのワカサギ釣りの営業をあきらめた湖もあるのに。やはり北海道は、寒いんだなと。

070226a03
(達古武湖)

 で、寒いんだよなと思っていたところ、同行した職場の先輩M氏はセーター姿。
 いくら日差しが強くってもなぁ... ということでこの日、ホテルに帰る頃には体調を崩していたようだった。
その風邪を帰りまでにしっかりもらってしまい、家に帰ってから私まで体調を崩してしまうことになる...orz


 そんなことはさておき、さらに車を進め釧路湿原の展望台へ。
 まだ午前中ということで先客はおらず、貸切状態。

070226a04
(展望台から見た釧路湿原。手前の川が釧路川)

 ここの撮影を終え、本日のメインである『SL冬の湿原号』の撮影場所を決めるため、ロケハンを開始することに。


※加筆修正
→08/05/03 記事形式変更に伴い、文章構成等を一部見直し。
 

« 釧路で撮影(その2:まりも) | トップページ | 釧路で撮影(その4:犬のいる踏切) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR北」カテゴリの記事

鉄:北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/14046822

この記事へのトラックバック一覧です: 釧路で撮影(その3:釧路~釧路湿原):

« 釧路で撮影(その2:まりも) | トップページ | 釧路で撮影(その4:犬のいる踏切) »