2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 2006年4月30日 - 2006年5月6日 | トップページ | 2006年5月28日 - 2006年6月3日 »

2006年5月21日 - 2006年5月27日

二度上峠(2)

 5/24(水)

 2月に訪れて以来、久しぶりに二度上峠に行ってきた。

060524001
(二度上峠から見た浅間山)

続きを読む "二度上峠(2)" »

30DとBG-E2

5/22(月)

先日、30Dと一緒に買ったバッテリーグリップが何故かKiss用だった件。

購入店に、「これって、どうやったら30Dに取り付けられますか?」と、嫌みたらたら状態で聞きに行ったところ、あっさり交換となる。さすがに型が違うので、値段が高くなり差額が発生するとのこと。

で、そのお詫びということで、以前「EOS Kiss」の販促用として配られていたバッテリーをもらってしまう。そもそも差額が発生しても、元々払うべき金額なんだけどなぁという気が。まぁ、純正バッテリーだし、タダだからありがたくいただくことにしました...φ(-_-;ゞ

060523001
↑30D用バッテリーグリップ『BG-E2』とお詫びの品...

東武1800系(東武小泉線・桐生線)

5/22(月)

太田までのワンマン運転を見に行ったついでで、館林まで足を伸ばし1800系にも乗車してきた。

060522002
↑館林駅停車中。

この1800系、元は優等列車に使用されていたものが、新車登場に伴い一時は廃車寸前かと思われたものの、車内の改装や車体塗色の変更を行い、普通列車用としてリサイクルされたもので、東武の通勤型車両では唯一固定式ながらクロスシートになっているのが特徴。

今回は、1800系に乗るべく、わざわざ太田から館林回りで小泉線の終着駅西小泉に向かうことに。ちなみにこの小泉線には初めて乗車したが、これならこの車を使ってわざわざ車掌を乗務させるより、太田~伊勢崎間で運用しているワンマン車をこっちに使った方がよほどいいんじゃないのか?と思わず首を傾げてしまうほど閑散としていた。
やはりスバル(富士重工業)のお膝元ゆえ、車の方が強いのかなぁとも...

なんて考えているうちに西小泉駅に到着。さすが支線の末端駅。
自動改札機もなく有人改札。その割にパスネットのカードが売っていたりと...

このまま東小泉まで戻り、桐生線で赤城に向かう。
ダイヤ情報の特集では、3月の改正から800系が充当されているような記載があったが、実際に乗車したのは8000系ワンマン対応車2両編成。800系より1両減車されている格好だ。しかも東小泉場面の乗客は3名のみ。
本当に閑散線区だなぁ...φ(-_-;ゞ

太田へ。

5/22(月)

東武伊勢崎線で始まった、ワンマン運転の様子を見に行ってきました。

が、特に車内で運賃箱による料金収受するというものではなく、

  ・車掌がいない。(運転士がひとりで乗務している)
  ・今回は昼間訪れたせいか、ほぼ各駅とも駅員は在駐。

という感じであり、ドア扱いも運転台集中型ではなく、その都度ホーム側のドアスイッチを扱うものだった。
ということで、特に変わったこともなく太田に到着する。

ちなみに、太田駅の伊勢崎行きホームには、検札所のような案内所がホーム上に設置されていたが、館林駅で佐野線のそれとは異なり、特に厳しく検札は行っていないようだった。

060522001
↑太田駅ホーム上にある案内所。


なお、太田駅は高架化して便利になったが、唯一駅構内にある売店は、改札内の敷地にあるものの、改札の外を向いているため、改札内からは買い物が出来ない、何とも不便な構造だった...(ToT)

30DとBG-E3

5/21(日)

先日(といっても、今月初め)、キヤノンのEOS30Dを購入。
購入した際、バッテリーグリップも一緒に買ったものの、今日までバッテリーグリップを必要としていなかったせいか、梱包を開くことなく保管していた。

で、今日。「せっかくだから取り付けてみるか」と梱包を開くと、以前使用していた20Dのものと少し構造が違っていた。電池の投入口が背面ではなく側面にあったり、通常の充電池使用にも補助部品が必要だったりして。

確か20Dと30Dって、背面の液晶ぐらいしか大きい変更点はなかったはずなのになぁ?と、やや不審がりながらも、30D本体の電池蓋と電池を外して、バッテリーグリップをつけようとすると、電池は前後方向に入っていたのに、このグリップの差し込みは左右方向...

ここで、何が起きたか初めて気づく。
『これって、30Dにつかないんじゃないの。というか、これナニ?』

で、早速メーカーのHPを見ると、

 手元にある「BG-E3」・・・EOS Kiss用 で、本来は「BG-E2」・・・EOS 30D用

ということで、買い間違えというか、購入した店の勘違いのようだった。
明日、早速取り替えてこよう...φ(-_-;ゞ

復古だるま

5/21(日)

高崎駅の書店に行った帰り、駅のコンコースに行くと、先月末ぐらいから「たかべん」で売り出した、昔のだるま弁当「復古だるま」がたまたま売店で売っていたので購入することに。

060520001
↑「復古だるま」弁当

で、価格は1300円。
容器が瀬戸焼きなのが影響してか、ちょっと高いなぁと思った。
中身は横川の釜飯と大して変わらない?はずなんだけどなぁ...

で、その中身はというと、上の写真にもあるとおり、牛肉の時雨煮、地鶏のつけ焼き、舞茸の含ませ煮、花豆のふっくら煮など群馬の県産品で造ったおかずが上に乗っていて、下は茶飯のご飯という構成。
うずらの塩ゆでや茶飯というあたりは、釜飯に似て無くもないんだよなぁと。
そう考えながら食べ始めると、やはり横川の釜飯が妙に恋しくなってきて...
結局、最後まで釜飯のことを思いながら、だるま弁当を食べることに。

結果として、それなりにおいしかったが、払った金額を考えると、『横川の釜飯の方がお買い得』という印象だった。結局、容器が先にありきという感じも否めないし、SL奥利根号などに乗車する鉄道マニアを目当てにした商売なのかなぁとも感じるし。せっかくなんだからもう一捻りして欲しかったなというのが本音。


今度、横川の釜飯、買いに行ってこよっと!

« 2006年4月30日 - 2006年5月6日 | トップページ | 2006年5月28日 - 2006年6月3日 »