2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 神岡鉄道と市町村合併 | トップページ | 大人買い。 »

大糸線とクマ

 10月13日(金)

 富山に戻り、速星からの貨物列車を撮影する。

061013b01
(速星からの貨物列車)

 今度は、北陸本線を東に向かう。乗車した列車は475系。
 先頭車(クモハ)に乗車し、電動車の唸る音、そして車窓から見える
日本海を楽しみつつ糸魚川へ。乗車してきた列車は、中線に到着後、
一旦下り方に引上げ、再度同じ場所(中線)に据付いて、直江津行
として下っていった。
 
 ここから、大糸線に乗り換え。
 こちらは前回(7月)と同じ、タラコ色(首都圏色)のキハ52だった。
 それでも今となっては、キハ52に乗車するという機会自体なかなか
無いので、ありがたいと思い乗車する。それにしてもここ1往復は、
自分と同じように、『乗り放題切符』を持って旅行をしている人が
多かったようだった。
 旅行するにはいい陽気だからなぁと、変に納得してしまう。

 
 根知。
 ここで下り列車と交換待ち。こちらが先着し上り列車の到着を待つ。

061013b02
(根知にて。キハ52首都圏色)
 
061013b03
(根知にて。キハ52一般色)

 この間、運転士が無線で『小滝駅付近でクマが出た』との情報を受けていた。
 昨晩、富山のホテルで『富山県内でクマが出た』というニュースを見た。
 今年は富山に限らず、里(住宅地)にクマが下りてくることが多いみたいだ。
ということで、根知を発車すると、運転士が次駅の案内放送をする際、
あわせて『小滝でクマが近くに出た』旨の注意喚起の放送をしていた。

 と、クマの放送をした小滝。
 クマはいなかったが、数名の乗車があった。
 乗ってきた人も特に何も言っていなかったところをみると、クマが出没したのは
駅近くではなかったようだ。
 次第に姫川沿いを走るが、トンネルに入ったところで、早起きのツケが...
 気がつけばウトウトしていた。
 なんてことをしているうちに南小谷に到着。そのまま折り返す。

061013b04
(南小谷駅舎)

 さすがに旅行を初めて3日目。ほぼ各駅停車での移動。
 疲れてきているのか、帰りも糸魚川までウトウトしてしまう。
 ただし、ウトウトしているのは自分だけではなかった。
 ほとんどの乗客が中高年層だったため、この陽気に皆ウトウトしていた。
 景色はいいのに(笑)

 
 糸魚川から直江津行に乗車。
 ここも475系。やはり急行型電車はいいなと思う。
 しかし時間帯・方向が良かったため、本当にガラガラだった。
 それをいいことに窓を開け、モーターの唸る音と景色を堪能する。
 それにしても、こういう状態でこういう電車にあと何回乗ることが出来るのだろうか?と思った。
 今まで出不精だった分、少し思い切って行動して行かなきゃいかんなと。

061013b05
(糸魚川にて。乗り換えた直江津行)
 
061013b06
(先行した『はくたか』。後追い撮影)

 直江津からは、はくたかを利用し越後湯沢に出て、新幹線に乗り継ぎ帰宅した。

 はっきり言って『リハビリ』というよりは、修行という名の旅行という感じだった。
 しかしながら今回、『鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ』の存在があったからこそ、
このような旅行が出来たのかもしれない。来年も発売されるかわからないが、発売される
ようならば、また修行という名の旅行をしたいと思う。


※加筆修正
→08/05/05 記事形式変更に伴い、文章構成等を一部見直し。
→09/06/08 後日記事にリンクを張るため、文章構成を一部見直し。
 

« 神岡鉄道と市町村合併 | トップページ | 大人買い。 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄道:JR貨」カテゴリの記事

鉄:中部」カテゴリの記事

鉄:北陸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/12355985

この記事へのトラックバック一覧です: 大糸線とクマ:

« 神岡鉄道と市町村合併 | トップページ | 大人買い。 »