2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

職場復帰

 9/28(木)

 ようやく、28日より仕事に復帰した。
 それにしても2週間以上。長かった。
 調子を取り戻すまでに、何日かかることやら?

 まぁ、いずれにしても、復帰できてよかった。

大北海道展

 9/27(水)

 明日から仕事に復帰するため、会社に挨拶に行った後、市内の百貨店で今日から開催されている「大北海道展」に行ってきた。さっそく地下2階の催事会場に向かう。この百貨店、もともと地下1階だったものが、拡張して地下2階も売り場になったようで、他のフロアの半分程度の広さか。狭いながら今日から開催のため、昼過ぎだったが大盛況だった。

 何を買おうか迷ったが、昼を過ぎ腹が減っていたので、まずは名物「森のいかめし」、470円で2杯入り。いつも通り実演販売している。森駅の「いかめし」といえば、地元の人が日本各地の催事場を飛び回って実演しているとのことだった。しかも、一度北海道を旅立つとしばらく帰ることなく各地を転々とするというテレビ番組を昔見た記憶がある。とすると、今回作っていた人も北海道から来た人なのだろう。それにしても、昔よりは値上がっているのだろうけど、他の駅弁に比べればやはり安いなぁと思う。ということで、これを2つ買い昼飯にする。

 そして、さらに会場をウロウロすると、今度は釧路駅弁の「いわしのほっかぶり鮨」に出くわす。こちらも鮨ということで当然ながら実演販売だった。さすがに昼時を過ぎているせいなのか、会場の入り口に陣取っている割に人がまばらだった。というか、この土地ではまだまだ無名ということだろうか?
 すいていたので、さっそく試食をさせてもらう。いわしの握りの上に、酢漬けの大根がのっているモノ。バッテラ寿司よりさっぱりした感じのお寿司といった感じだった。ということで、こちらも一つ購入する。

(実演販売していた、森駅の「いかめし」と釧路駅の「いわしのほっかぶり鮨」)
060927b01 060927b02

 そして、今度は甘いもの。
 たびたびテレビでも取り上げられることもある、ルタオの「ドゥーブルフロマージュ」。そういえば、とあるお笑い芸人が、番組で取り上げて美味かったからと、たらふく買い込んだというもの。今回は、毎日150ホール限定ということもあり、初日の昼過ぎだから既に売り切れているだろうと思ったんだが。実際は売れ残っていた。ケースの中にまだ在庫があり、あっさり購入する。ここはこの百貨店の店員が売りさばいていた。
 さらに、前回購入し家人から評判だった、わらく堂の「スイートポテト」。これも購入する。そういえば、ここも実演販売だった。先週から内地に来ているとのことだった。

 ということで、少しだけだが遠い北の大地を感じて(味わって?)きた。
 明日からは久しぶりの仕事、頑張ろう。

栗きんとん

 9/26(火)

 今回、ケガをしなければ、名古屋に行く予定だったのだが。

 昨年、妹に誘われて愛・地球博に行った時、名古屋で売られていた岐阜の「栗きんとん」がことのほか美味しかった。関東で栗きんとんと言えば、黄金色をしたペースト状の栗に栗の実が入っているもので、正月に食べるものだと思っていた。ところが、名古屋で売られていた「栗きんとん」はそういうものではなかった。栗を蒸かしたものをこしたりした後、炊いたものを茶巾で絞ったものだった。カルチャーショックだったが、はじめて口にして「これはうまいぞ」と。
 ということで、名古屋に行けば、ちょうど出会えるだろうと思っていたのだが...

 その後、市内にある「鉢の木七冨久」という菓子店で、上で書いたような栗きんとんと同様の商品が「栗茶巾」という名で売られているとのことだったので、今日このお店に行き「栗茶巾」や以前テレビでも取り上げられたことがある「ゆばとろ」(湯葉入り豆乳ぷりん)などを購入した。

060926b02
(今回購入した「栗茶巾」)

 帰宅後、口にしたところ、本場に負けず美味しかった。
 実際のところ、岐阜の菓子店のものを取り寄せようかとも考えたが、1つあたりの金額に送料を考えると、気軽に食べられるような金額ではなかったので躊躇していたが、家から近くお手頃価格だったり、他にも美味しそうな菓子も多かったし、かわいい店員さんもいたので、ダイエット中ながらまた店を訪れてしまいそうだ(笑)。

コンビニ、撃沈...

 9/26(火)

 昨日まで営業していたコンビニ。
 確かに昨日の夕方、通院帰りに通ったときも通常通り営業していた。

 しかし、今朝その店の前を通ったら、24時間営業のはずが、何故かシャッター。
 どうやらつぶれたようだ。電話ボックスもガムテープでふたをされていたりと。


060926a01
(シャッターに閉ざされたコンビニ。都合により一部修正。)

 それにしてもこの店、交差点の角で立地的には全く悪くないはずだったが、製パン会社の系列の店の割に、なぜか割高なパンしか並ばなかったり、弁当類がことのほか少なかったりと。さらには、肉まんやあんまん、揚げ物系の商品は、夕刻以降には全く販売しないなど、普通のコンビニとは思えない状況だった。もっとも、店長を含めて店員の接客も悪かったから仕方がないのかもしれない。

 そして追い打ちを掛けるように、ここ数年でこのコンビニの近所に、24時まで営業する大型スーパーやミニストップが開店し、品揃えが良かったり接客も良かったりと、大半の客はそちらに流れていたので、今日のような日を迎えるのは時間の問題だろうと思っていたところ、やはり...

 とすると、ああいう経営をしなければ、コンビニはつぶれないのかもしれない。

 ちなみに、このコンビニのHPにある店舗検索、閉店した今日の昼間検索したが見あたらない。ほんとうに更新が早いんだなと...


★以下、 9月27日追記★

 今日(27日)は、店の看板を取り外していた。本当に閉店したんだなと実感。それにしてもこの店、閉店にあたって、地元への感謝のあいさつとかが一切無かった。普段から「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」がしっかり言えない店だったから、当然なのかもしれない。


★以下、10月 3日追記★

 今日( 3日)。さらに近所のファミマも閉店。
 車の通行量がいいので、近隣のコンビニがこうも相次いで閉店してしまうと何かあったのかなぁ?と思ってしまう。最初につぶれた店に違うコンビニ、違うオーナーが来るといいなと思っているんだが...

脱線

 9/24(日) 東京新聞より

 昨日(23日)、上信電鉄高崎駅構内で入換中の車両が脱線したとのこと。報道から推測すると、どうやら早復位が原因のようだ。

 昨年(2005年)5月にも同じ高崎駅構内で、今回と同じように入換車両が脱線している。たしかに上信電鉄の高崎駅の構内は、ホームが1線しかないにもかかわらず、運用の都合で駅に隣接した車両基地への入出区が多いのかもしれないけれど、同様の事故が1年半の間に2件となると。ただし、2件とも入換車両を運転していた運転士にケガがなかったことがせめてもの救いだろうか?


 なお、脱線した車両が本線を支障していた影響で、高崎~山名間で運転見合わせになって、バス代行を行っていたとのこと。ちなみに昨日は、沿線にある高崎商科大学や富岡市などの記念事業で、デキが牽引する臨時列車を高崎~上州富岡間で運転すると、群馬テレビのニュースで報じていたが、いったいどうなったもんだか?

 足をケガしていたから、今回は珍しく事前に運転されることを知っていたにもかかわらず、撮影には行けなかったからいいものの、復路の列車を沿線で待っていたらどうなっていたことやら...

わたらせ渓谷鉄道

 9/23(土) 上毛新聞より

 どうやら「夢切符」の失敗により、かなりやばいようだ。

 上毛新聞の報道によると、赤字経営の続く「わたらせ渓谷鉄道」(桐生~間藤間)は、次回の改正で1日11往復運行しているところを1日5往復まで減らすとのことらしい。おそらく間藤(もしくは足尾)まで行く列車が5往復ということだと思われるが、こうなると朝夕の通勤時間帯以外ではほぼ運転がないということかもしれない。もっとも、運行本数が減っても一気に線路が無くなるわけではないが、こうなってくると予断は許さないだろう。

 また、この上毛新聞の報道では、車両更新時期が迫っているため、安価なDMV(デュアル・モード・ビークル)を導入することも検討しているようだ(約2千万)。しかし、1線完結では無く一部区間他会社(JR両毛線)に乗り入れていることや、沿線に目立ったバス路線がないため、DMVの特性を生かした運転は難しいかもしれない。
 そして報道では、この車両を用いれば日光に直通できると記しているが、はたしてDMVが日光まで直通するとして、どの程度の人が桐生~足尾~日光とDMVを利用して移動するのだろうか? もともと利用客がある程度見込まれているのなら、実現することもたやすいだろうが、現実は、足尾~日光間で市営バス(平日8往復・休日6往復)が運行されているため、限られたパイの奪い合いになりかねない。もっとも、そうなれば市営バスも減便すると思われるが。
 ということで、必ずしもDMVを導入するだけで、赤字が削減出来るわけではないだろうし、やり方次第では「夢切符」の二の舞になりかねない。

 群馬県はもともとマイカー利用が多く、路線バスですら苦戦する土地柄なのだから、今さらDMVを導入して赤字を拡大するぐらいなら、経営陣は廃止にする英断を下すべきではないだろうか?今年11月に廃止となる神岡鉄道は、もともとは来春廃止のところを除雪費用により赤字を増やすぐらいならばと、早めに廃止しているのだから...


 となれば、近いうちに乗りに行かなきゃかなぁ。

はじめての抜糸

 9/23(土)

 今日は祝日だったが、近所の病院へ。抜糸に行く。

 三十数年間生きてきて、はじめての抜糸だった。事前の情報ではあまり痛くないとのことだったが、実際は、やはり痛かった(笑)。
 もっとも、ケガをしたとき、真っ先に考えたことは、今後仕事を続けられるのかということと、目先の旅行のことだったため、痛みを感じる暇がなかったのかもしれないし、大学病院で麻酔の注射を打たれたときも、早朝4時ということで、そこまで考えている余裕すらなかったということかもしれない。

 今日、抜糸したことにより包帯がとれ、肉体的にも精神的にも楽になったような気が...

8センチシングルCD

 9/22(金)

 予定外の2週間の休暇のため、今日も部屋の片付け。

 今回は仕掛品ではないが、就職して以来買いためた8センチシングルCDを整理する。就職するまでは、音楽CDなど買ったこともなかったが、就職後は安月給に寮生活だったため、CDを購入して音楽を聴くことが習慣化し、どんどんシングルCDを購入していたため、実家に引っ越したときには結構な量になっていた。

 実家への引っ越しの際に使った「ゆうパック」の箱に8センチシングルCDを入れてみると、ちょうど高さがよく、いい塩梅に収まっていたせいもあり、しばらくはその箱に入れていた。ただし最近になり、その箱が段ボール製のためか傷んできていた。
 そこで、それなりの強度がありそうなモノをネットで探したところ、8センチシングルCDのジャケットがうまく収まる高さのポリプロピレン製のDVD用の箱(DVDいれと庫)を見つけ、近所のホームセンターで購入し早速入れ替えた。ただ、それぞれのCDがプラ製のケースに入った状態のため、たいして収納できなかった(約60枚)。

(改良前の箱。約60枚収納。意外とこれが重い...)
060922a01_1


 今回の片付けで、それぞれのCDをプラケースから出して収納することに挑戦してみた。これにより、今までとは異なり、紙製のジャケット同士が両脇のものに触れ、破損することも考えられたため、ストックしてあったタミヤのプラ板(1.2ミリ厚)で仕切り板を作ってみる(というか切っただけ)。この仕切り板を用いてCDを入れてみたところ、予想に反し、倍以上(約140枚)収納することが出来た。

(改良後の箱。約140枚収納。改良前の倍の量を収納しても軽い。)
060922a02


 今後は、インデックス用の板も合わせて作成し、CDを探しやすくしようと思う。また、今回のような保管方法を全てのCDで実施したかったが、ジャケットの台紙と本体が外れてしまっているモノなどや、歌詞カードが別紙のモノなど、裸のジャケットで収納することが出来ないものもあり、このあたりが今後の課題となるようだが、今では手に入らないモノもあるようなので、これからも大事にしていこうと思う。

 それにしても、捨てられないモノだらけだなぁ。

ダイヤ情報メール...

 9/22(金)

 ケガのため、今日も仕事は休み。

 で、早朝4時に携帯電話が鳴り出す。目覚ましのアラームにしては早すぎる。なんだと思い、携帯電話を見てみると、ダイヤ情報メールだった。こんな早くから人身事故でもあったのかと思い、メールを開いてみて驚いた。「京浜東北線リフレッシュ工事」とな。まぁ利用する人に知らせねばならない内容だろうけど、こんな時間から送ってくる内容なのかと考えてしまう。確かに早朝4時~よく2時の契約しているのだから、その時間内ならいつ着信しても仕方がないことだろうけど...

 これを避けるためには、寝るときに携帯電話の電源を切っておくことか...

小田急MSE

 9/20(水) Yahoo!ニュースより。

 小田急ロマンスカーの新形式が発表になった。60000系「MSE(Multi Super Express)」とのこと。
 小田急のサイトにPDFがアップされているので、詳細はそちらを。

 なお、今回の目玉は、地下鉄(東京メトロ千代田線)への乗り入れ対応ということだろうか。PDFでは、夕通勤時間帯に千代田線湯島駅から町田方面に向けて乗り入れを行うとのことだが、今年3月JR東日本~東武鉄道の栗橋乗り入れが達成できたように、是非とも新型ロマンスカーには、綾瀬以東にも乗り入れてもらいたいもんだ。当然JR東日本には、湘南新宿ラインもあるし、今後常磐線の東京乗り入れも計画されているから商売敵ってところだろうけど、今の鉄道のライバルは他の鉄道会社ではなく、自動車や高速バスだろうから、その辺を柔軟に検討してもらいたいもんだが...

群大病院

 9/20(水)

 昨日、労災関係の書類をタイトルの病院に提出したものの、夜になって押印漏れに気づく。放っておいても仕方がない?ので、今日もまた病院に向かうことに。ただし今日はお昼時だったため、担当者が不在とのこと。
 ならばということで、時間をつぶすため、病院内の売店へ。

 売店に向かっていると、売店付近にどこか見覚えのある緑色の「垂れ幕」が。
 思わず「はぁ?」と首を傾げてしまう。

 なんと、ここの大学病院の売店はSuicaが利用可能とのことだった。
 ノーチェックで駅外のこのような店で利用できるとは思いもしなかったため、ここは何かSuicaで買ってみようかと。ということで、とりあえず定番のジャワティを購入する。ちなみに、Suicaの機械は、レジと直結していない簡易タイプだった。

 帰宅後、ネットで検索したところ、附属病院のホットニュースを発見。その記事によると7月3日から利用開始になり、国立大学の病院内の売店では全国初とのことだった。
 たまたま印漏れと係員の不在が重なり、意外なところで意外な発見でき、ケガをして遠路はるばる救急車で大学病院に搬送されてしまったのも、実は悪くなかったなと思ったりした。

売店前にあったSuicaペンギン
060920a01

4連休転じて...

 全治2週間のケガ。
 
 しかしながら、ケガをした先週月曜日から木曜日まではもともと4連休。いまいちだった昇進試験も終わり、ようやく遅い夏休みということで、名古屋に旅行する予定だったのだが。しかも、しっかり切符も宿も押さえていたものの、結局キャンセル...

 なんてことがあったため、ケガのことを知っている職場の先輩から、携帯に「赤福はどうした?」とメールが来たりする(笑)。それにしても、旅行に行けなかったのもショックなのだが、実際のところ、ケガのおかげで外に出るのもままならなかったりして意外とつらい。しかもケガのせいで、4連休転じて2週間の自宅療養に。

 名古屋はともかく、神岡に鹿島、くりはらと待ってもらえないモノが多くなってきた。しかも近場のわたらせですら、夢切符で転けたせいでかなりやばそうな状況だし。早く足を治して遠出したいもんだが...orz

昼夜逆転

 先日のケガが深夜に発生し、帰宅後ぐっすり眠ってしまったせいで、その後ほぼ毎日昼夜逆転している。もともと、睡眠時間がバラバラな夜勤のせいもあり、普段から寝不足気味だったところに今回のケガで、ついに完全な昼夜逆転生活になってしまった。

 どうしたもんだろうと悩んではいるものの、今日も結局寝付けなかった...orz

 もっとも仕掛品がたらふく溜まっているので、やることがないわけではないのだが、気がつけばパソコンの前でウトウトしていたりと。こいつはホントに悪循環だ。

右足負傷

 9/10(日)

 職場で階段を踏みはずす。
 何故か右足の親指だけ残ってしまい、踏みとどまろうとして負傷。
 右足の親指が、明後日の方向に向いてしまう。

 仕方なく、救急車で搬送されてしまう。
 しかしながら深夜のため、少し離れた大学病院へ。

 消毒したり麻酔をしたり縫ったりしてもらい、治療が終わったのは朝の5時。
 痛いというよりは、すでに眠かった。

 ということで、このあと仕事が継続できなくなり自宅療養。


 それにしても、一昨年の指切り事故といい、職場でのケガが続くもんだ。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »