2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 二度上峠(2) | トップページ | 30Dと画像消失... »

毛無峠

 5/24(水)

 二度上峠の撮影を終え、国道146号線を北上する。
 そして嬬恋村三原から万座ハイウェーを利用し、万座温泉をめざす。しかしこれが結構高く、片道1020円...
 他に万座温泉に抜けるルートとして、草津温泉~白根山経由というのもあるが三原からの直線ルートではなく、
所要時間もかかりそうなので仕方なく利用することに。まぁ、山中を走る道路としては整備が行き届いているから
仕方がないのだろう、と割り切ることに。

 途中、嬬恋牧場に立ち寄り、例のごとくソフトクリームを食べつつ、浅間山を撮影。

060523002
(嬬恋牧場から見た浅間山)


 さらに北上し、万座温泉へ。
 万座プリンスホテル裏からつながる、県道牧干俣線(県道466号線・上信スカイライン)へ。
 この県道はそのまま進めば、長野県高山村に抜けられる道だが、谷を挟んだ国道292号線(志賀草津道路)が
2車線道路であるのに対して、県道とはいえ対面通行もままならない細い道。
 片側が谷のようなところにしばし出くわし、対向車が来ないよう願わんばかりに走行する。

 しかも途中からガスってくる。長野県側からどんどんガスが上がってくる。これでもかと言わんばかりに。
 ちょっと前、万座温泉のあたりは晴天だったのに。このまま目的地(毛無峠)に着けるのだろうかと不安になる。

 そして、毛無峠への分岐点である、長野県高山村老ノ倉の交点に到着するが...
 県道大前須坂線(県道112号線)に入ろうとすると巨大な除雪車が2台、道をふさぐように駐車している。

060523003
(老ノ倉の交点。万座・白根方面が県道牧干俣線。毛無・小串方面が県道大前須坂線)

 その時は事情がわからなかったが、除雪車2台を止めっぱなしの状況からして、冬期通行止めなのだろうと
思い、毛無峠に行くのを断念。この交点付近の撮影を行い、来た道を戻ることにする。

 ちなみに帰宅後、この付近を管轄する須坂建設事務所のHPによれば、
老ノ倉から毛無峠への道(県道大前須坂線)は、5月いっぱいは通行止めとのこと。
 とすると、高山村側から除雪で使った除雪車を、あの交点に止めておいたということなのだろう。
 調べてから行けば良かったと後悔しつつも、次回リベンジすべしとな。


 仕方なく万座温泉に戻る途中、谷の向こうに見えた国道292号線を撮影する。

060523004
(山を左右に走るスジが国道292号線。ガスが掛かっていなければなぁ...)

 結局、万座プリンスホテルの露天風呂に入浴し、一息ついてから帰宅することに。
 ちなみにここの露天風呂は、女性用とつながっているか、女性が男性用に入りにきていて、
何故か男性の方が避けているのが印象的だった。そんなこともあり、脱衣所でご一緒した老人と、
「落ち着かないねぇ」と話になる。確かに帰りに脱衣所から見たときには、女性の方が多かったような気が...

 入浴後、往路同様万座ハイウェーを利用することに。
 ちなみに本日、ここまでにコクドグループに支払った金額は、往復の通行料(1020円×2)に、入浴料(1000円)。
 むろん、万座ハイウェーに往復割引なんて存在しない。思わず料金所で聞いてしまったが。
 コクドもいい商売してるなぁと感じる。

060523006
(帰りに立ち寄った、万座鹿沢口駅。このあと「草津5号」が到着した。)

 上に「ここまでに支払った金額」というのは、ここまでで済まなかったからである。
 帰りは、嬬恋村三原から軽井沢に抜けるべく「鬼押しハイウェー」を利用することに。
 一般道よりは信号もほとんど無く、平日の午後ゆえ、車も少なくスムーズに行けるだろうと判断し利用することに。

 で、ここの通行料は、丁寧というかしっかりしているというか、鬼押出し園を挟んで別々の料金設定がされているが、
当然ながら全区間通行料と言うのも設定されている。(というか、単に通算した金額なだけなんだが...)

 このまま鬼押しハイウェーで、浅間山を横に見ながら再度長野県側に入り、軽井沢側に抜ける。
 中軽井沢駅手前の星野温泉のカフェハングリースポットへ。
 ここで一息ついて、黒ごまソフトを食べる。本当ならここの温泉(トンボの湯)にも入っていきたかったのだが...

 その後、碓氷軽井沢ICから上信越道経由で帰宅することに。


※加筆修正
→08/05/03 記事形式変更に伴い、文章構成等を一部見直し。
 

« 二度上峠(2) | トップページ | 30Dと画像消失... »

写真(風景)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/10300149

この記事へのトラックバック一覧です: 毛無峠:

« 二度上峠(2) | トップページ | 30Dと画像消失... »