2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

10'夏の18(6) 徳島から南へ。牟岐線を南下する

 2010. 8.22(日)

 青春18きっぷの旅。1日目。
 徳島から乗車したのは、海部行普通列車。
 車両はキハ1200系の単行でワンマン列車。
 日曜日の午前中ということで、席はほぼ埋る。
 この列車に乗車して、牟岐線を南下することにした。

C1008a228
(徳島から乗車した海部行)
 
 
 徳島を発車し、少し南下した南小松島。
 ここで上り列車の待ち合わせ。4分ほど停車したので駅舎を撮影する。
 以前は、一つ手前の中田から小松島線が分岐し、小松島駅があったのだが...
 こうなると、駅名改称して小松島を名乗ってもいいような気も。
 なお、駅舎内には、四国でよく見られるパン屋「ウィリーウィンキー」が併設されていた。
 
C1008a229
(南小松島駅駅舎)
 
 
 南に向かうにつれ、乗客は降りる一方で目立った乗車は無い。
 阿南以南は、座席も空きが目立つようになる。
 まもなくお昼時ということで、徳島駅で購入した昼食を広げることにした。
 購入したのは、駅内の売店で売られていた「阿波地鶏弁当」。
 包み紙に駅弁マークが無いため、正式な駅弁ではないようだ。
 製造しているのは、株式会社ヨシダという会社だった。
 量はあまり多くないようにも感じたが、こってり感で満腹に。

C1008a230
(阿波地鶏弁当)
 
 
 由岐を出てトンネルを抜けると田井ノ浜。
 田井ノ浜というと、四国では津島ノ宮とともに夏しか止まらない臨時駅。
 ここは駅前が海水浴場ということもあり、8月上旬は停車していたようだ。
 ということで、既に臨時停車はしていなかったが、訪れたのは日曜日。
 暑い日が続いているせいか海水浴場には遊びに来ている人の姿も。
 これならば、延長して臨時停車してもいい気がするのだが...

C1008a231
(車窓から田井ノ浜の海水浴場)
 
 
 このあと、日和佐で上り列車と交換待ち。
 数分の停車時間を利用し、駅舎を撮影したりする。
 日和佐は特急停車駅ではあるが、そう途中下車する機会はない。
 そう考えると、駅舎を撮影する数分の停車時間でもありがたいと感じる。

C1008a232
(日和佐駅駅舎)
 
 
 そして、日和佐から20分ほどで牟岐へ。
 
 
(つづく)
 
 
※2011.5執筆

10'夏の18(5) 気動車天国・徳島にて

 2010. 8.22(日)
 
 青春18きっぷの旅。1日目。
 次に乗り継ぐ列車まで1時間以上あったので、一旦改札口を出て昼食の調達など。
 徳島駅を訪れるのは、ほぼ1年ぶり。前回は国盗り合戦のため、駆け足で四国を回った。
 その途中、1日目の夜2日目の夕方に徳島駅を訪れた。
 訪れたというより通過に近いが。
 ということで、まずは駅舎を。

C1008a223
(徳島駅駅舎)


 昼食を調達後、再び改札内へ。
 次に乗車する列車が来るまで、構内の列車を撮影することにした。
 徳島というと電車が走らないというか、そもそも電化区間がない県。
 そんな県の県庁所在地と言うこともあり、構内にいるのはもっぱら気動車。
 構内には新旧様々な気動車が出番を待っている。

C1008a224
(構内で出番を待つ気動車たち)
 
 
 傍らには、キハ40+キハ47+キハ40が連結された3両編成も。
 ドアの位置が異なる車両同士が連結されている列車というのもどうなんだろうと。
 整列乗車がしにくそうな列車だなぁ。なんて思ってはいけないのかな?と感じた。

C1008a225
(ドアの間隔が異なるキハ47が中間に組まれたキハ40)
 
 
 そして、高松行の特急「うずしお10号」。
 高松まで74.5Km。時間でも1時間+αと特急としては、運転区間が短い。
 たまに、宇多津経由で岡山まで行く列車もあるが...

C1008a226
(徳島駅で発車を待つ「うずしお10号」)
 
 
 と、こんな感じで留置されていた気動車を撮影した。
 徳島県内の路線というと、しばらくは電化予定がない。
 なので、気動車天国は当面は安泰のようだ。
 
 
(つづく)
 
 
※2011.5執筆

10'夏の18(4) 鳴門線のりつぶしの旅~徳島へ

 2010. 8.22(日)
 
 青春18きっぷの旅。1日目。
 バス2本を乗り継いで、鳴門駅に到着する。
 支線区の終着駅ということもあり、駅舎はあまり大きくない感じだった。

C1008a216
(鳴門駅駅舎)


 ここから再び、青春18きっぷの旅に。
 早速入場して徳島を目指すことにした。
 すると見覚えのある顔が、会社の大先輩のM氏だった。
 やはり、青春18きっぷで出掛けてきていたようだ。
 M氏も旅好きで、青春18きっぷをよく使うと聞いていた。
 まさか旅先で出くわすとは...
 そのM氏、このあと鳴門観光に行くとのことで、そのまま別れることに。
 
 
 乗車した徳島行は、JR四国カラーを纏ったキハ47の2両編成。
 鳴門を発車すると、分岐駅の池谷を目指し、ひたすら西に進んでいく。
 いくつかの駅に停車し、17分で高徳本線との分岐駅である池谷に到着。
 ここで、上下の特急列車の待ち合わせを行なうため、11分停車する。
 その池谷で、この列車の到着を待っていたのは、首都圏色のキハ47だった。

C1008a217
(池谷で発車を待つ徳島行と鳴門行)
 
 
 せっかく時間があるのならばと、駅舎の撮影へ向かう。
 この池谷駅は、駅の徳島方で高徳本線と鳴門線が分岐している配線。
 両線のホームは横並びではなく、ここで東西に分かれるため双方がカーブ。
 その両線のホームの間に駅舎が構えていた。

C1008a218
(池谷駅駅舎)
 
 
 なお、ホーム同士は、徳島方の屋根無しの跨線橋で結ばれていた。
 ということで、跨線橋上から鳴門線の列車を撮影。

C1008a219
(跨線橋上から)
 
 
 上下の特急の待ち合わせであったが、特急同士は池谷交換ではなかった。
 時刻表から推測すると、一つ徳島よりの勝瑞駅で交換しているようだ。
 分岐駅の池谷と同様に、お隣の勝瑞も特急停車駅とのこと。
 先に発車していった徳島行のうずしおが先着して、高松行のうずしおを待つのだろう。
 
 
 11分停車の後、池谷を発車し、進路は南へ。
 特急同士が交換した勝瑞を通り、吉野川を渡れば徳島線が近づいてきて佐古。
 佐古~徳島間は、高徳線と徳島線の線路が単線ながら並列して敷設されており、
 同時に佐古駅に入ってきた徳島線の特急「むろと」はそのまま通過していった。
 その佐古から3分程で終点の徳島へ。
 
 到着したところで、先行した「むろと」が発車を待っていた。
 乗り継げるようなダイヤ構成になっているのかなと思いつつ、カメラを向けた。
 
C1008a220
(徳島駅で発車を待つ「むろと」) 
 
 
 ここで小休止...
 
 
(つづく)
 
 
※2011.5執筆

10'夏の18(2) 懲りずに三ノ宮からバスで...

 2010. 8.22(日)
 
 青春18きっぷの旅。1日目。
 前日、長野から乗車したバスから降り立ったのは、京都駅の八条口。
 日本中央バスも長電バスも全く同じバス停に下ろされる。
 ということで、いつも通りの「ふりだし」地点という気すら。
 そんな京都駅から、西を目指すことにする。

C1008a205
(いつもどおり京都駅八条口)
 
 
 その京都から乗車したのは、網干行の快速。
 長野発の夜行バスからこの電車に乗り継げるのは、今回の旅が最後となった。
 この列車に乗れるか否かで、この先の行程が変わってしまう。
 そう考えると、貴重な便を失ってしまったことになるのかななんて...
 そんなことを考えつつ、とりあえず西を目指す。
 目指すのは三ノ宮。到着まで、もう一眠りしたかったのだが...
 結局、コロプラに専念することに。帰りにとることもできたのだが。
 
 
 
 三ノ宮。ここでバスに乗り継ぐ。
 そういえば、春の旅でも三ノ宮からバスに乗車したことを思い出す。
 ただ、今回乗車するのは神姫バス等が運行する路線。
 この会社のみJR駅前のバスターミナルではなく、JRの高架下にある営業所から発車する。
 ということで、神姫バスの営業所へ向かうことにした。

C1008a206
(神姫バスの営業所)
 
 
 その三ノ宮から乗車したのは、徳島駅前行の高速バス。
 今回は、明石海峡大橋・淡路島経由で四国を目指すことに。
 青春18きっぷを用いて、岡山経由でもよかったのだが...

C1008a207
(徳島駅前行のバス)
 
 
 乗車したのは共同運行している「神戸山陽バス」(現在は山陽バス)の車両だった。
 なお、 7時15分発と比較的時間帯が早いバスだったこともあり、乗客は数人のみ。
 夜行バスでの寝不足を解消しつつ、四国を目指すことにした。
 
 三ノ宮を発車し、高速舞子を出ると明石海峡大橋へ向かう。
 その車中から明石海峡を見ると、「たこフェリー」の姿が。
 この「たこフェリー」、正式名称は「明石淡路フェリー」。
 高速道路の通行料金割引などの影響で、2010年11月をもって運行休止となっている。
 2011年4月現在、運行再開の時期を探っているようだが、明確な時期は出ていない。
 しかし、東日本太平洋沖大地震の影響で高速料金が元に戻りそうなことを考えると...

C1008a208
(たこフェリー)
 
 ちなみに、上の写真の船は「あさしお丸」。
 その愛称の通りに「たこ」のイラストが描かれているのは、この1隻のみとのこと。
 wikipediaによれば、撮影した1ヶ月後の2010年10月に、海外に売却されたそうだ。
 ということで、仮に航路が復活してもこの船の活躍は見られないようだ。 


 と、ここまで観察したところで夢の中へ。
 目が覚めれば、まもなく鳴門だった。
 
 
(つづく)

※2011.4執筆

春18:名古屋へ。1日目終了

  4月10日(土)

 青春18きっぷ消化の旅。
 転じて、コロプラ拾いの旅:長良川鉄道編も、無事に美濃太田に戻る。

 そして再び、青春18きっぷ消化の旅へ。
 この日の宿は、名古屋市内ということで、高山線~東海道線経由で向かうことに。
 乗車したのはキハ48の岐阜行。4両編成と長い編成だった。

C1004a157
(美濃太田から乗車した岐阜行。岐阜駅にて)
 
 
 途中、坂祝~鵜沼間の木曽川沿いで「犬山」の対岸盗り。
 昨年は国盗りで、今年はコロプラ。と、ほぼ2年連続で。とすると、来年も?
 ちなみにこの辺りは、県境の木曽川沿いを走るため、必然的に犬山の電波を拾えるようだ。

 そして、鵜沼駅。
 隣接する名鉄の新鵜沼駅にはミュースカイが停車していた。
 間違いなく、名古屋に向かうのならば、あちらの方が速いんだよなと思いつつ見送った。
 
 岐阜で特別快速に乗り継ぎ、名古屋に到着したところで、この日の行程は終了。
 夜行バスで富山に到着してから、半日以上乗りっぱなしの旅はさすがに疲れた。
 もう少し、緩い行程にしないと、バスを下りた日の午後は厳しいなと改めて実感した。
 しかし、まだ反省しているようには思えなかったりする...
 
 

春18:特急街道を南下する(2)

  4月10日(土)

 青春18きっぷ消化の旅。
 猪谷から乗車した列車は既に下呂まで到達。
 そして、さらに南下することに。

 まず、下呂を発車し、3つめの福来信号場。
 下呂で時間調整し、ここで下り特急「ひだ7号」の通過を待つことに。
 信号場でホームもないため、乗務員室の後ろから、貫通扉越しに撮影してみた。

C1004a135
(福来信号場に進入するひだ7号。車内から)
 
 なお、既に高山を発車し、3回目の特急列車の交換待ち。
 猪谷を発車後、普通列車とはまだ1本も交換してなかったりするのに...
 
 そして福来信号場から3つめの白川口。
 ここでも4分停車するが、臨時特急が運転されたときの待ち合わせとして停車する。
 しかし、この日は運転がなかったので停車するだけだった。
 せっかくなので、駅舎を撮影することに。

C1004a136
(白川口駅駅舎)
 
 
 白川口を発車し、飛騨川沿いの飛水峡を通過してゆき、上麻生へ。
 ここでは5分停車。下り特急「ひだ9号」の通過を待つ。
 下り線側のホーム脇にある、立派な桜を絡めて撮影した。

C1004a137
(上麻生駅を通過するひだ9号。沿線には桜の樹も)


 さらにお隣の下麻生。
 ここでも5分停車。
 今度は高山行普通列車を待ち合わせる。

C1004a138
(下麻生駅に進入する高山行普通列車)
 

 結局、タイトル通り『特急街道』なのかなぁと思いつつ、美濃太田へ。
 約4時間。高山で列車番号は変わったものの、猪谷~美濃太田間を乗り通せた。
 なお次回、高山線に乗車する時もキハ48なのかなぁと思いつつ下車した。
 
 
(つづく)

春18:猪谷駅にて

  4月10日(土)

 青春18きっぷ消化の旅。
 氷見線の旅を終え、再び富山から乗車したのは猪谷行。

 その終点、猪谷。
 さらに南を目指すこととなるが、ここがJR東海との会社境界となり、列車も乗り換えに。
 なんとなく不便な気もしたが、そもそもここは会社境界だけでなく、岐阜県との県境。
 そんな区間ゆえ、普通列車で通過する乗客はあまりいないのだろう。
 また、会社を越えて運行すると、どうしても精算が発生してしまうことも影響しているのかと。
 
 ということで、その乗り換え時間を利用して、構内を撮影したりする。
 まずは構内から。
 神岡鉄道の線路は既に剥がされており、ホームには柵が...
 廃止になったのは、平成18年12月で。既に3年半経つ。
 そのうち、ここに神岡鉄道の列車が発着していたのも判らなくなってしまうのかもしれない。

C1004a123
(神岡鉄道の部分だけ、線路が剥がされていた)


 続いて、いつもどおり駅舎も。
 神岡鉄道を訪れてからというもの、訪れる度に毎回撮影しているような気が...
 それにしても、駅舎に掲げられた駅名板の文字が勇ましいのは気のせい?

C1004a121
(猪谷駅駅舎)


 駅前の商店では、関所せんべいなるものが売られていた。
 そういえば、以前も購入したなぁと思いだしつつ購入した。
 で、中身は旅を終えてから食べたが、少し堅く甘めのせんべいだった。
 もっとも、蜂蜜を使っているというのだから、甘くて当然かもしれないが...orz

C1004a122
(売られていた関所せんべい)
 
 
 ここまで撮影したところで、駅内に戻り、美濃太田行に乗車する。
 先述したとおり、猪谷からはJR東海のエリアになる。
 ということで、車両はキハ48の2両編成。しかもワンマン列車だった。

C1004a125
(猪谷から乗車したのは、美濃太田行)


 乗車してみると、各ボックスとも1~2人と予想通り、国境越えの列車は空いていた。
 そんな列車に乗車し、さらに南を目指した。
  
 
(つづく)

春18:富山から南を目指す

  4月10日(土)

 青春18きっぷ消化の旅。
 氷見線の旅を終え、再び富山へ。
 そういえば、青い電車や跨線橋、日本海は撮影したが、肝心の仮設駅舎をまだ撮影して
いなかったなと思い出し、いったん改札を出て撮影することに。
 まだ、建設用の囲いがされたりしていたが、なんとか撮影することが出来た。

C1004a118
(4月19日から使用開始された駅舎)


 そして、元々あった駅舎の方も。
 次回は、この駅舎には会えないんだなと...

C1004a119
(訪れたときに営業していた、元々の駅舎)


 そして、いよいよ富山から南を目指す。
 乗車したのは猪谷行の普通列車。
 列車は、キハ120系2両編成。
 ハイキングかウォーキングがあるのか座席はすべて埋まっていた。
 しかも、席にありつけず立っている人も多かったりする。
 まさか、猪谷より先まで行かないだろうなぁと心配になる。

C1004a120
(乗車したのはキハ120)
 

 富山を発車し、2つめの駅は婦中鵜坂。
 社会実験の臨時駅も開業したのが、平成20年春のダイヤ改正。
 2009年2月、この駅を訪れてみたこともあったが...
 なお、この駅が設置されるきっかけとなった
高山線活性化社会実験は現在も継続しているようだ。
 ちなみに、この駅は上記HP内のPDFには、平成23年春までと書かれている。
 とすると、利用状況次第では、来年には無くなっているかもしれないということのようだ。
 なんともJR西日本らしいなと感じた。
 
 
 おわら風の盆で有名な越中八尾を出ると、徐々に高度を稼ぎ山間に入っていく。
 車内は混み合ったまま、お隣の東八尾。
 ここでハイキング客がほとんど下車し、賑やかだった車内もだいぶ静かになる。
 そして列車は、終点の猪谷を目指しさらに南下する。
 
 
(つづく)

春18:475系急行色で富山へ

  4月10日(土)

 青春18きっぷ消化の旅。
 氷見まで一往復し、高岡に戻ってきた。
 帰りは、暖房が効き出して、気がつけば高岡近く。ウトウトしていた。

 そして、高岡。
 氷見線に乗車する前、急行色の475系が止まっていて撮影したなぁと思い出す。
 さて、乗り換える前に駅舎でも撮影するかと、氷見線ホームから通路を歩いていくと、
まだ停車していたりする。「まさかなぁ」と思いつつ、改札を抜けて、駅舎を撮影した。

C1004a115
(高岡駅駅舎)

 
 ということで、富山に戻るのに乗車したのは、急行色の475系3両編成。
 撮影できただけでもラッキーなのに、まさか乗車することになるとは...

C1004a116
(高岡発富山行の普通列車は475系急行色)

 もっとも、確かに時刻表ではこの列車になる送り込み列車は無かった。
 また、この列車の前に高岡始発となる列車も見当たらなかったので、当たり前か...
 そして、ダイヤ情報5月号によれば、前日22時13分に黒部から到着し、そのまま滞泊。
 翌朝、乗車した列車(425M)に充当され、富山着後は富山貨物に回送となるそうだ。
 他には、高岡で滞泊となる電車は無いようだ。
 そんな、イレギュラーな列車で富山に戻った。
 
 
(つづく)

春18:夜行バスで富山へ

 続いても 4月の話。
~~~~~~~~~~~~~~~
  4月 9日(金)

 春の青春18きっぷの旅。
 利用最終日の前日となるこの日。
 残った1回分を利用するため、旅に出ることに。
 ただ、日程の都合上、日帰りにするか、翌日もそのまま旅を続けるか直前まで迷ったが...

 結局、いつも通り夜行バスを利用して、少し距離を稼ぐことにした。
 今回乗車したのは、日本中央バスの「シルクライナー」大阪・なんば行。
 このところ、鳥羽行や三河田原行、長野発など、バラエティに富んでいてご無沙汰だった。
 そんな「シルクライナー」で目指すは北陸地方。
 今回は北関東と関西地方を結ぶ「シルクライナー」の中において、唯一北陸地方を回る便。
 しかも途中、富山、金沢と停車していく便に乗車することにした。
 
 
 で、乗車したものの、乗客の姿が...
 乗車したこの日は、週末の金曜日、
 少しは乗客がいるのだろうと思っていたが乗客は一人だけ。
 なお、途中で乗客を拾っていくため、渋川まで下道をひたすら進むことに。
 新前橋、前橋の各駅で10名程度乗車し、それなりの乗車率にはなったが...
 そして、渋川を出たところで消灯する。
 
 
 途中、米山SAで運転手が交代するため休憩する。
 中途半端な時間帯だったが、とりあえず下りてみる。
 そして、目をこすりつつ乗車中のバスを撮影してみたが...

C1004a101
(今回はシルクライナー。米山SAにて)
 
 SAの照明のせいなのか、全体的に緑がかった写真に。
 なんだかなぁと思いつつ、バスに戻った。
 
 そして、次に気がついのは、富山駅に到着する直前。
 予定より少し早く、4時半頃到着した。

C1004a102
(まだ眠りについている富山駅)

 それにしても、名古屋に行った際にもあったことだが、5時前にバスを下ろされるのは...
 せめて、定刻通りに着いて欲しいものだ。
 
 
(つづく)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

| 185系 | PC:VAIO | PC:周辺機器など | エキナカ | ココログ関連 | コロプラ | コンテナ | デジカメ | ドライブ | ネット系 | バスコレなど | バス:夜行バス | バス:定期観光 | バス:路線バス | バス:高速バス | パソコン | ユニクロ | 写真(風景) | 列車:JT | 列車:SL | 列車:客車 | 国盗り合戦 | 工場見学 | 旅行・地域 | 旅:北急詣 | 旅:岬めぐり | 日々のこと | 時事ネタ | 時刻表 | 海外 | 空港 | 船旅 | 記事更新のお知らせ | 鉄道 | 鉄道模型 | 鉄道記事 | 鉄道:上信 | 鉄道:上信・上毛・わたらせ | 鉄道:京急・京成 | 鉄道:京王 | 鉄道:公営鉄道 | 鉄道:北越急行 | 鉄道:名鉄・豊鉄 | 鉄道:小田急 | 鉄道:新交通 | 鉄道:東京メトロ・都交通局 | 鉄道:東急 | 鉄道:西武・東武・秩父 | 鉄道:路面電車 | 鉄道:銚子電鉄 | 鉄道:長電 | 鉄道:3セク | 鉄道:JR九 | 鉄道:JR北 | 鉄道:JR四 | 鉄道:JR東 | 鉄道:JR海 | 鉄道:JR西 | 鉄道:JR貨 | 鉄:イベント | 鉄:中部 | 鉄:九州 | 鉄:保存車両 | 鉄:北海道 | 鉄:北陸 | 鉄:博物館など | 鉄:四国 | 鉄:山陽山陰 | 鉄:新幹線 | 鉄:東北 | 鉄:甲信越 | 鉄:関東 | 鉄:関西 | 雪山 | 青春18 | 音楽:CDなど | 音楽:CMソング | 飛行機 | 食べもの | 食:そば・うどん | 食:駅弁 | | 駅舎 | 駅:土合&土樽 | 高速道路 | iPod